「今月ピンチ!」
「来月大きな金額が急に必要になってしまった!」
そんな時、キャッシングを利用する人は多いかもしれません。

しかしあまり知られていませんが、お金を借りる際、「質屋さんで借りる」という選択肢もあるんです!

そこで今回は、双方のシステムの違いや、キャッシングVS質屋さんのメリットとデメリットをご紹介します。

まずは両者の違いをチェック

引用元:https://www.photo-ac.com/profile/572242

まず、よく知られている「キャッシング」について。

ご存知のように、「キャッシング」は、キャッシュカードやクレジットカードにより、消費者金融・銀行などのATMやCD(キャッシュディスペンサー/現金自動貸出機)でお金を借りるものです。

昔に比べると、コンビニでも操作できたり、消費者金融系のCDも24時間営業なので、いつでも気軽に借りられるイメージがあるでしょう。

一方質屋は、担保となる時計や貴金属、ブランド品(質草)などを預けてお金を借り、期限までに元金と金利を合わせた金額を返せば、担保(預けたモノ)が返ってくるシステム。

一定期間内にお金が返せなければ、その担保は戻ってきません(質流れ)。

大正~昭和にかけては「質屋=苦学生が使う」といったイメージを持つ人もあるでしょうが、昭和50年以降はキャッシング業者が大量に営業をスタート。

いつでも気楽に借りられることから、「お金を借りる」=「消費者金融から借りる」という図式が一般的となり、この時代、多くの質屋が廃業しました。

とはいえ一方で「キャッシング地獄」「カード破産」などの言葉も生まれ、法外な取り立ては禁止されているものの、現在もカードを使いすぎて大変な状況になっている人も多くあります。

両者の特徴はわかりましたが、さて、どちらで借りるのがいいのでしょう?
それは、両者のシステムの違いから判断しましょう!

不思議なもので、キャッシングのメリットは質屋のデメリットになり、反対に質屋のメリットはキャッシングのデメリットになるところにも注目してみてください。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
意外と知られていない質屋の仕組み。現役質屋が教える賢い質屋の使い方

1:年金利の違い/質屋の金利は高い!

引用元:https://www.photo-ac.com/profile/533708

まず1つ目が金利の違いです。

それぞれの年金利の上限は以下のようになっています
・キャッシング…上限20%
・質屋……………上限109.5%

この数字を見ると、質屋はキャッシングの5倍もの年利を設定していることがわかります。

例えば利息8%で10,000円を借りたら、お金と引き換えに質草を取りにいかない限り、毎月800円を払い続けなければならないということです。

以上の「年利の上限」ではなく、実際にひと月で計算すると、キャッシングは3~18%、一方の質屋は5万円までが5%~8%、5万円以上が3%~7%となりますが、やはり金利の面では、キャッシングの方が有利。

この、質屋の金利の高さには理由があります。
なぜなら利息が質屋の儲けになるからです。

そして質屋の融資期間が3ヶ月なのに対し、キャッシングは年単位でお金が借りられます。
また、気軽に借りられるので、キャッシングを利用する人が多いのかもしれません。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
買取金額大幅アップ!!使える㊙交渉術!

2:担保の有無/身分証明書があればOKのキャッシング

引用元:https://daisinyoko.jp/

2つ目が担保が必要かどうか。

キャッシングは基本的に、身分証明書を提出して審査に通りさえすれば、お金を借りることができます。

前述のように、24時間対応する機械の窓口が街中にあるので、面倒な手続きも必要なし。

さらに、大手消費者金融の場合は大きな金額、具体的には50万円くらいであれば当日即金で借りることができるのもメリットといえます。

一方、質屋はその性質上なんらかの品物(質草)が必要。

急にお金が必要なのに、質に入れる品物を探さなくてはならず、その上いくら貸してもらえるかもわかりません。

金利と担保、この2つの面から見ると、キャッシングは大きなアドバンテージを取っていますね。

ですが!
質屋にはキャッシングにはできない、大きなメリットがあるのです!

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
スマホもタブレットも質屋に預けられる!? その条件と注意点

3:履歴の有無/質屋はブラックリストに載らない!

質屋の大きなメリット。
それは「ブラックリストに載らない」ということ!

これはユーザーにとっては大きな魅力でしょう。

キャッシングでお金を借りた後、万が一返せないと、信用情報機関の「ブラックリスト」に載ることに!

そのリストはあらゆる金融機関で情報共有する上、今後カードを作ろうとしても、審査に通らない可能性が高くなります。

一方、質屋では、そのお店以外で履歴が残ることはありません。

つまり質屋では「ブラックリスト入り」していたとしても、品物を査定するだけなので、お金を借りることが可能なんです。

「ついつい借りすぎてしまったけど、次回からは気をつけよう!」
そう誓っても、キャッシングの場合敗者復活の手立てはありません。
ほんの少額でも、今後は一切借りることはできないのです。

こうした面では、質屋はまさかの場合の頼れる存在といえるでしょう。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
フリマアプリに対抗すべき買取店や質屋の今後の取り組み

4:取り立ての有無/督促や取り立てのあるキャッシング

引用元:https://www.photo-ac.com/profile/2258030

3のブラックリストの話とも通じますが、取り立てがないのも質屋の大きなメリット。

キャッシングの場合、審査をして「信用ができた」という了解の元でお金を貸すので、返済が遅れた場合は、その信用は一気に失われることとなります。

つまりキャッシングで返済が遅れた場合は、督促や取り立てがあります。

また、今は法律で禁止されていますが、一時期は悪徳消費者金融業者による違法な取り立て、嫌がらせなどもあったため、イメージはいいとはいえません。

返済ができなかった場合は、財産や給料の差し押さえが行われたり、車や家など、生活の基盤を失うことも…。

しかし質屋では「質屋営業法」という法律に基づき、一切の督促や取り立てはありません。

そして、質流れになれば自分の私物がなくなるだけで、借金はなくなります。

さらに、これは裏ワザになってしまいますが…
質屋が担保(質草)を預けておく場所というのは、防犯対策がしっかりしており、温度や湿度の管理も充分。
ですから、高級な毛皮や絵画、貴金属や時計を「レンタル倉庫」代わりに利用する人も多いとか。

というわけで、質草にしたものがどれだけ大切なのかにもよりますが、「ブラックリストに載らない」「督促がない」というのは、質屋の大きな良さといえます。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
老舗質屋さんに直撃!「質屋VS買取店」本当に高価買取なのはどっち?

まとめ

以上、キャッシングと質屋のどちらでお金を借りるとオトクなのかを、ご説明してきました。

現在はキャッシングが主流という世の中になってはいますが、質屋という選択肢があることも覚えておくといいですね。

その上で、

キャッシングは、
・金利が安い
・担保が必要ない
・気軽に借りられる
という大きなメリットがあり、

質屋は
・ブラックリストに載らない
・督促や取り立てがない
・質流れになれば返済しなくていい
というメリットがあるのを覚えておきましょう。

逆に、キャッシングはブラックリストに載り、督促や取り立てもされ、場合によっては差し押さえも。
質屋は金利が高く、担保も必要なので気軽とはいえない、というデメリットがあります。

お金を借りる人にとっては、どれが自分にとっての優先順位なのかは異なるでしょう。

両者のメリットとデメリットを充分に理解した上で、自分にとって一番いい借り方を検討し、賢い選択をしましょう!

トップ画像引用元:https://www.photo-ac.com/profile/572242

買取専門サイトバナー