お中元やお歳暮、祝い事などでよくお酒をもらう方が多いと思いますが、そのお酒ってご自宅に眠ったままになってはいませんか?

はっきり言ってお酒を飲まない人にとってはありがた迷惑な贈り物になってしまうお酒。

しかしそんな方々に朗報です!実は今お酒の買取がブームになっているんです。

買取が出来ないお酒

基本的に買取が出来ないお酒の種類はありませんが、買取不可の条件があります。

開封済みのお酒

開封済みのお酒は買取不可の対象です。

飲食物ですので当然といえば当然ですね。

たとえ高級ブランデーでも買取不可です。

製造から1年経過した日本酒

日本酒は製造から1年程度で賞味期限が切れると言われています。

未開封であれば買取自体は行ってもらえますが、1年以上経過したものは買取不可になってしまいます。

日本酒は早めに売ることをお勧めします。

賞味期限のあるお酒

ビールや発泡酒には賞味期限があるため、買取不可の業者が多いです。

ただし、例外的に買ってくれる業者もいますので、一度調べても良いかもしれません。

目減りが激しいお酒

未開封であれば買取してもらえるお酒でも、目減りが激しいお酒は買取不可の業者が多いです。

いくら未開封であってもアルコールは揮発性が高いので、蒸発してしまいます。

お酒を売るにあたって最も注意すべき点は、とにかく早めに売るということでしょう。

優良買取業者選び

今では多くの買取業者やリサイクルショップ、また酒屋さんに至るまでお酒の買取を行っています。

ただ、実際にどこの業者に売れば良いかなんてわかりませんよね。

実はバッグや財布、時計や貴金属にもあるように、お酒にも高価買取してくれる業者の特徴があります。

豊富な知識と経験のある鑑定士がいる業者

お酒は非常に奥が深く、浅はかな知識量と経験では時間経過による味や色味の変化を見抜くことは出来ません。

またお酒の種類が豊富で製造方法も異なっているため、熟練した鑑定士でなければお酒の価値を見極めることは難しいでしょう。

販売力が強い/販売ルートを確保している

店舗でお酒を販売・買取している業者は比較的高価で買取してくれる場合が多いです。

さらにはネット販売で販売先が全国に渡っている業者はより高値が期待できます。

また、ここ最近では日本産のウイスキーが非常に海外で人気が高いため、海外への販路を持っている業者も力をつけてきています。

業者間の取引だけしか販路を確保できていない業者は、中間マージンが発生している手前、若干買取金額が低い傾向です。

お酒を高く売る方法

綺麗な状態で持ち込む

当然瓶や箱は綺麗にして持ち込んだほうが、より高く買い取りしてもらえる可能性が高いです

ボトルや瓶のラベル部分が湿気などで滲んでしまっていたり、何が記載されているか不明な場合は買取金額に大きく影響するので注意が必要です。

付属品を揃える

付属品は他のジャンルの買取同様に付属品が買取金額に影響します。

高級なブランデーなどには替え栓が付いていますが、バカラ社製の場合が多く、欠品していると数千円もしくは数万円買取金額が下がります。

出来るだけ付属品は揃えましょう。

とにかく早めに売る

買取不可でも触れましたが、お酒はとにかく早めに売ることが重要です。

目減りしている場合はかなり金額が下がりますし、コルクの破損で未開封でもワインなどは蒸発してしまいます。

飲まないお酒は見つけたらすぐに売りに行きましょう。

今は大抵の業者がお酒を買取してくれるので、バッグや財布、時計などを売るときについでに持っていくのもアリですね。

お酒が重くて持てない方は出張買取や宅配買取を利用しましょう。

眠っていたお酒が思わぬボーナスになるかもしれませんね♪

買取専門サイトバナー