「昔の彼氏にもらったんだけど使わないしな…でも捨てるのも気が引けるし 😐 」

「親にもらったけどデザインが古いから使い道がないなぁ 😕 」

「付き合ってもないのにプレゼントされても困るよぉ 🙁 」

皆さんもこんな経験ありませんか?持っていても使わないなら早めに売って現金化したほうがよっぽどお得ですよ♪

プレゼントしてくれた人の事を考えると気が引けますが…いっその事思い出とともにスッキリしましょう!!

 

早めに売るべきプレゼント

高級ブランドの財布やバッグ

ヴィトンやシャネル、エルメスといった高級ブランドの財布やバッグは、流行りが終わってしまうと中古相場がかなり下がってしまうので、早めに売るべきです。

特に注意すべきはコレクションラインその年限定で発売された商品

「コレクション」「限定」と聞くと聞こえが良いように思えますが、それこそその時のトレンドものですので、相場の下がり方が通常の商品に比べて早いです。

また、財布やバッグなどは置いておくだけで劣化が進みます。

革製品であれば内側がベタついてしまったり、湿気などの影響で反ってしまうので注意が必要です。

キャンバス生地だと汚れや黄ばみも進んでしまうので日に当たらないように気を付けたりと、置いておくだけでも面倒ですよね。なるべく早めに売ってしまうのが得策です。

 

換金率の高いプレゼント

一般的にはあまり知られていませんが、定価に対して換金率の高い商品が存在します。ずばりルイ・ヴィトンのダミエのジッピーウォレットです。

ただしいくつかの条件を満たしてのみ、高額での買取が可能です。

①製造されてから1年以内であること

②新品未使用であること

③付属品がすべて揃っていること

この条件を満たしていれば、定価の80%~85%で買取ってくれるはずです。ただし、お店によってパーセンテージは変わりますので注意が必要です。

また一時期はエルメスの新品未使用のバーキンが定価より高く売れましたが、現在は必ずしもそうではないようです。ここでも注意が必要ですね。

どちらにせよ、一度お店に電話などで問い合わせることをお勧めします。

 

もらうべきではないプレゼント

シルバー製のブランドジュエリー

シルバー製のブランドジュエリーは定価に対しての換金率が非常に低いです。シルバー自体の買取相場が1g当たり50円前後ですから、たとえ10gあったとしても買取金額が500円程度となってしまいます。

有名なジュエリーブランドであればその金額にブランドバリューが付いて多少金額は上がりますが、せいぜい1000~2000円程度です。

ネックレスや指輪の定価は大抵20000円以上はしますので、そう考えると換金率は10分の1程度ですから、大切な人以外からのプレゼントならばあまり嬉しくはないですよね。

メッキ仕上げのブランドジュエリー

メッキ仕上げのブランドジュエリーはシルバー製のブランドジュエリーよりもさらに換金率が悪いです。

シルバー製ならまだグラム当たりの金額が付きますが、メッキ製だとそれすら付かないわけです。大抵の場合一つ100~500円の買取ですね。まとめて金額を出されることもあります。

ただし、シャネルのメッキ製ジュエリーはこれに当てはまりませんので、もらったメッキ製ジュエリーがシャネルならば買取金額にも期待が持てます。

買取専門サイトバナー