フリマアプリでブランドのコピー品を買ってしまった場合、私たちユーザーに対処法はあるのでしょうか?

ご安心ください!

確実な対処法がひとつだけあります。
それが直営店で見積書を出してもらうこと。

「メルカリなどのフリマアプリでコピー品を買わない方法」でもふれましたが、なぜそれが有効なのか、どんな背景があるのかを、「転売って違法行為なの?現役鑑定士が徹底解説!」などでお世話になっている鑑定士さんに直接訊ねてみました。

業界を知り尽くしているからこそ、
裏をついてくる悪徳業者!


引用元:https://www.photo-ac.com/profile/638920

売りたいときドットコム(以下C)「こないだ友人がフリマアプリでブランドバッグを買ったらコピー品だったようで…。
でも『コピー品のようなので返金してください』って言ったら『証明書がないからダメです』って言われちゃったんですって…

老舗質店店主(以下店)「それ、最近の悪徳業者の王道中の王道のだまし方ですよ!」

C「えっ? 証明書を出してもダメなんですか?」

店「そもそも買取店や質店に『証明書』という存在はありません。
さらにいうなら、『これはコピーですよ』とは明言できないので『扱えません』と伝えるしかできないんですよ」

C「証明書がない!! ではせめてLINE査定なら…」

店「LINEでも真贋判定はしていません。
直接見ていないのも理由ですが、店は『コピーです』と明言できないからなんです」

C「まさに八方塞がり…もう泣き寝入りしかないんでしょうか?」

店「例えばなじみの買取店さんに『これは扱えませんと一筆書いてください』とお願いするというやり方もあります」

C「でも、友達は買取店なんて行った事ないはず…どうしたらいいんでしょう(涙)」

店「そんな時に、ひとつだけ確実な方法があります。
それが、修理見積を取るということなんです!」

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
メルカリVSヤフオク。どんな時にどっちを使うとお得かを徹底比較!
ヴィトンの偽物を素人でも見分けることができる6つの方法を伝授!

コピー品に対処できる唯一の方法が
直営店で修理見積書を出してもらうこと。

引用元:https://www.photo-ac.com/profile/877625

店「こうした場合、唯一できる方法が『修理見積書を取る』ということ。
先程お伝えしたように、買取店や質屋はコピーであるという証明書を出せませんし、さらには明細書を出す必要もありません
あくまでも『買取不可』ということしかお伝えできないんですよね

C「ということは『証明書を出せば返品』と言ってくる業者には悪意がある…」

店「もはや悪意の塊です!! というか騙す気マンマンです!
買取店や質屋にそういう義務がないことを知っているわけですから!」

C「そこで修理見積の出番なんですね

店「ええ。まずは該当するアイテムの直営店にモノを持って行きましょう。
必ず『直営店である』ということが鉄則です

C「はい」

店「次に、気になる箇所を正直に伝えて『ここを修理したいので、見積を出してください』と伝えましょう」

C「修理を依頼するのではなく、修理の見積を取る

店「本物だったら修理されてしまいますからね…まあ、だいたいコピーというのがお決まりです」

C「なるほど」

店「コピーだった際は『正規品と判断できかねるため、修理はお受けできません』という旨の用紙が送られてきます」

C「そこでコピーであることが判明するというわけですね!
でも…それでも動いてくれない場合もあるのでは?」

店「最近フリマアプリは真贋判定に関して、かなり神経質になっています。
メルカリに関しては現在コピー率が40%と言われているので、監視体制を5倍に強化しているとか。
そんな状況なので、見積書を出せば、速攻で対処してくれるはずです

C「気になる返金は?」

店「返金はしてもらえます。
フリマアプリのお金のやり取りは、間に業者が入っていますから、その面は安心してください

C「では、ヤフオクなどのネットオークションはどうですか?」

店「ヤフオクはメルカリほどスムーズではないですが、違反へのペナルティがかなり厳しいので、出品者へのダメージは大。
聞いた話では、IPアドレスからたどりつき、ログインはもちろん、今後の出品もできなくなった例がありますから

C「それは厳しいですね。
でもそこまでリスクを冒してでも、なぜやるのかが素朴な疑問…」

店「バレてもアカウントを変えればいいし、数万円儲かればいいか~というノリなんでしょうね…」

C「本当に嘆かわしいですね。
しかもお店が証明書を出せないとか、決まったひな形がないことを知っていてやるなんて」

店「まさに法律の裏をかき、グレーゾーンをくぐり抜けていますからね

C「他に気をつけることはありますか?」

店「例外がひとつだけあります。 それが時計ブランドの『ジェイコブ』です。
ジェイコブだけは、コピー品だとわかると返品せずそのまま引き取られてしまうので、この方法は取れません」

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
エルメスやシャネル、ヴィトンなどの高級ブランドのリペアは、必ず直営店に頼もう!
オーバーホールやギャランティーカードなど買取店でよく使われる用語を徹底解説!

まとめ

C「もしフリマアプリやネットオークションでコピー品を買ってしまったら、直営店で修理見積を取るのが最善策ということですね

店「はい。 実はこの方法は、僕たち業者もよく活用しているんですよ。

例えば時計などにあとから好みで宝石を付ける『アフターダイヤ』は、プロでも真贋判定が難しいんですよ。
法人で修理見積を出すと不審がられる時もあるので(苦笑)、むしろ個人で修理見積をお願いするのは、ベストであり唯一の方法です

C「早速友人に伝えます!
そして、返金の面も心配しなくていいということですね!

店「ええ。フリマアプリは大丈夫です。
ネットオークションでも必ずペナルティがあるので、何かしら対処してくれるはず。
出品者が聞いてくれなかったら、メルカリやヤフオクに直訴しましょう!」

C「とはいえ、コピーを買わないようにするのも大切ですよね」

店「その通りです!
『メルカリなどのフリマアプリでコピー品を買わない方法』にもありますが、まずはコピーを買わないことが先決。
もしコピーを買っても、今日述べた方法で返金はしてもらえますが、時間や気持ちの上でダメージはありますからね。
自分の身を守りながら、賢く売り買いしてください!」

トップ画像引用元:https://www.photo-ac.com/profile/638920

買取専門サイトバナー