エルメス(HERMES)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VITTON)とともに、世界三大ブランドのひとつとして数えられるシャネル(CHANEL)。

このシャネルのバッグやお財布は、買取店では高額査定となる定番アイテムのひとつです。

そこで今回は、シャネルのアイテムが高価買い取りとなる理由と、シャネルの魅力についてお伝えしていきます。

理由1:圧倒的なネームバリューとクオリティ

ブランドに疎い人や男性でも、シャネルの名前を知らない人はいないでしょう。
つまり、その知名度は絶対的!
もちろんクオリティも折り紙付きです。

ここでシャネルの歴史を紐解いてみると…

創業者はココ・シャネル。
実はこちらは愛称で、本名はガブリエル・ボヌール・シャネル。

他のハイブランドが王室御用達などで認められる中、シャネル自身は孤児院の出身。
彼女が一代で世界的ブランドを立ち上げた人生は、ドラマや本、映画でも取り上げられ、現代でも多くの女性を魅了しています。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ブランドの誕生は、1919年のパリ。

「シャネル・モード」という帽子が話題となり、そこから洋服へと発展していきます。
特に、それまで腰を締め付けていたコルセットをなくしても、美しいラインを再現するドレスは「女性を解放した」と絶賛されました。

また伝説の女優、マリリン・モンローの「寝るときに身につけるのは、シャネルのNo.5」という言葉にもあるように、香水も世界中で愛されています。

ターゲットを女性に絞り、今なおデザイン・品質ともに上を追求しているシャネルは、まさに女性の憧れの象徴。
こうしたストーリー性もあり、シャネルのアイテムの評価は高いのです。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
高価買取間違いなしの商品トップ3 ~シャネル編~

理由2:「シャネルなら中古でもいい」
と言わせてしまうブランド力

先程述べたように、シャネルは彼女の人生そのものにまで羨望される存在ゆえ、「シャネルのアイテムが持てるのなら、中古でも構わない!」という女性は多いもの。

そんな女性に圧倒的に人気を誇るのが、シャネルのバッグの代名詞ともいえる「マトラッセ」です。

中でもダントツは、下記の写真のように、素材が「ラムスキン」でダブルチェーン・ダブルフラップのもの。

引用元:https://chou-porte.com/

文字どおりチェーンが2重、蓋も2つ付いています。

気になる買い取り価格は、状態にもよりますが、40万円前後とかなり期待が持てます。

同じくマトラッセのお財布も人気です。

引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brandoff/

こちらも状態次第で10万円ほどの査定になるでしょう。

ただし、売る際にはいくつかの注意点もがります。

まず、シャネルには「マトラッセ」のほか「チョコバー」「カンボン」「カメリア」といったラインがあり、これらは期待できますが、残念ながらそれ以外はあまり期待できません。

そして売る際には状態も重要で、角スレや汚れなどは査定ダウンの対象になります。
もしリペアして売る場合には、街角の修理店ではなく直営店へ。
こうすることで本物であることも証明できます。

さらに、本物であることを示すギャランティーカードは必須!

シャネルは人気があるのと、デザインがシンプルなのでコピー品が多いのがデメリット。
ですのでギャランティーカードがないと、通常査定の金額より3割ほどダウンしてしまうのです。

シャネルはあまり値崩れしませんが、最近は買い取り相場が下降気味!?エルメスやシャネルでも買い取り金額に期待できないかもにもあるように、世界情勢などの理由から価格が不安定になることも。

シャネルに限らず、世の中の買い取り金額は変動するので、売る前に買取店に訊ねてみるのがオススメです。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
エルメスやシャネル、ヴィトンなどの高級ブランドのリペアは、必ず直営店に頼もう!

理由3:希少価値が高い
ヴィンテージシャネル

シャネルの特色として挙げられるのが「コアなファンが多い」ということ。

特に「ヴィンテージシャネル」の需要は高いです。

具体的には1980~1990年代に出回ったものを指しますが、前述のマトラッセも製造年が古いほど希少価値が高いとして、マニアから注目されています。

他のブランドでは「できれば新しいものを」と望まれるのとは真逆で、これがシャネルが他のブランドとは異なる理由でもあります。

このヴィンテージシャネルの中でも、高価買い取りの対象になるのが、このようなアクセサリー。

 

引用元:https://auctions.yahoo.co.jp/seller/orla4980jp

 


引用元:https://www.rakuten.co.jp/daisinyoko/

引用元:https://ameblo.jp/love-this-design/

 

特色としては、「cocoマーク」がついていたり、ちょっとレトロなデザインが施されているということ。

通常、高額で取引されるアクセサリーは、プラチナや金、宝石を使っているのですが、シャネルに使われているのは、地の部分が金メッキ、飾りの部分はガラスやフェイクパール。
そのため却って持ちがいいのです。

何よりシャネルならではのデザイン性は大きな魅力ですよね!
プラチナや宝石を使っていないのに、その希少性から100万円以上で取り引きされるものもあります。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
ヴィンテージシャネルのアクセサリーは、高価買取に期待大!

理由4:ファン垂涎のレアアイテムは、
価格もうなぎ登り!

先程のヴィンテージシャネルとも共通するのですが、シャネルは「コアなファン」が多いため、限定アイテムにもかなりの高値が付きます。

レアアイテムとして有名なのが、こちらの「ウッド・ヴァニティ」。

引用元:https://auctions.yahoo.co.jp/seller/brandoff_tokyo

時により変動はありますが、90万円前後で取り引きされています。

こちらのプラスチック製のバッグも、有名なレアアイテム。


引用元:https://ameblo.jp/kio-vintage

2004年の限定モデルでは、レコードをかたどったカワイイバッグも!


引用元:https://www.brand-peace.com/

個性豊かな限定アイテムは、ファンならぜひ手に入れたいひと品。

こうした希少価値の高さも、シャネルのブランド力をぐっと引き上げているのです。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
シャネルのバッグや財布を売る時、確認しておきたい4つのポイント

まとめ

以上、シャネルが今も昔も変わらず人気な理由を挙げてきましたが、
・「ネームバリュー」「クオリティー」「ブランド力」の高さ
・コアなファンが多く、ヴィンテージやレアアイテムが好まれる
というのがポイントになりそうです。

また、ファンの多い理由としては、決して恵まれた環境ではなかったココ・シャネルが、世界中に多大な影響を与えるデザイナーとして生き、その歩みに惹かれる女性が多いことを述べてきました。

長年人々を魅了し続けるブランドには、大きなこだわりとストーリーがある。
そのことを、改めてシャネルは表わしているようにも感じます。

シャネルのアイテムは高価査定にはなりますが、不人気なラインもあるので注意が必要。
そして、リペアして売る場合は、直営店を選ぶことと、コピーでないことを証明するために、ギャランティーカードがないと査定がダウンすることもポイントになるでしょう。

トップページ写真引用:https://communication-english.com/

買取専門サイトバナー