最近は買取店やアプリを活用し、ブランドアイテムを売る方も増えていますが「実は買取店に行ったことがない!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は改めて「買取店や質屋にブランドアイテムを持って行く際、知っておきたい基本情報」として、

① 鑑定の命は「状態」!
② 付属品があるかどうかを確認!
③ 事前に相場を確認!
④ 可能ならば比較や相見積もりを!
⑤ 早め&まとめてを心がけよう!

という5つのポイントをお伝えします。
順番に詳しく見ていきましょう。

① 鑑定の命は「状態」!


買取店や質屋の査定では、そのアイテムが人気かどうかはもちろん、「状態」が大きく影響します。

新品か中古かというのをはじめ、箱からも出していないか、一度でも使ったかによって査定は数割違ってくるのです。

買取店にはよく「1回も使っていないから新品なんです」と持ち込まれるケースがありますが、買取店での「新品」というのは、お店で買ってから一度も開けていない状態を指します。

極端にいえば「お店で買ったその足で持ってくる」ものだけが新品。
新品という申告でも、箱から出した時点で新品ではないのです。

そして、中古品だった場合、傷や汚れ、カビのほかに気をつけたいのが「におい」。

一度も箱から出していなくても、タンスの消臭剤の匂いや、長年しまっておいたことでつく湿気特有の匂いがあると、査定がダウンしてしまいます。

少しでも査定を高くしたいなら、こうしたことをチェックしておき、風通しのいいところに数日置いておくのがオススメです。

さらに、アパレルの場合は「見た目」も重要。

全く同じアイテムでも、アイロンがかかっているだけで査定が変わることもあるので、ほこりやシミはできる限り取り除き、ピシっとしたしわのない状態で持っていくなど、できることはやっておくと高額査定に繋がるでしょう。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
ブランド品買取店の優良店を見極めるコツはこの3つ!

② 付属品があるかどうかを確認!

引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/closer01/

次が付属品です。
バッグや財布、ジュエリーや時計すべてにおいて重要なのは「箱」。

特に時計の箱は、高級なものであればあるほど、箱も時計の一部とみなされ、箱がないだけで査定は大幅ダウン。
「箱がないなら意味がない!」という時計フリークも多いほど、箱は必須アイテムです。

もちろん保証書も大切です!
特に、ブランドアイテムではギャランティーカードの有無は査定の要。

特に、バッグやお財布は並行輸入品が増えてきたことで、コピー品も同じく増えている傾向にあり、本物の証となるギャランティーカードの存在は大きいのです。

そのほか、保存しておいた袋、時計の場合はベルトや修理に使うキットなども、揃っているかどうか確認しましょう。

ちなみに…海外ブランドのアパレルでは、「国内の正規タグがあるか」が確認され、それがない場合はコピーの可能性があるとして買い取ってもらえません。

例えパリやニューヨークなど、そのブランドの本店で購入したとしても、日本で売る場合には日本の正規タグがないとNGなので、こちらも注意が必要です。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
時計を売るとき、箱ありと箱なしでどれくらい金額に差が出るの?

③ 事前に相場を確認!


初心者の方があまりやっていないのが、自分の持っているものの相場を知っておくことです。

相場を把握しておくと、事前に自分の持って行くアイテムの人気度がわかりますし、思ったような査定が出なかった場合に、大きなショックを受けずに済みます。

また、希望の金額を聞かれた時の目安にもなり、「ネットでの査定は@@円でしたけれど」と一言添えるだけで、鑑定士も身構えます(笑)。

具体的な調べ方は、アイテムやブランドの名前を、楽天やヤフオクで検索すること。
膨大な量のデータが出てきますので、誰でも調べやすいと思います。

ヤフオクの場合は、査定額だけを見ず「平均落札価格」を見ると参考になるでしょう。

最近多い、無料査定やLINE査定を利用するのもオススメ。
ちょっとしたやり取りだけでも、お店の対応がわかるので、お店選びの目安にもなります。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
オーバーホールやギャランティーカードなど買取店でよく使われる用語を徹底解説!

④ 可能ならば比較や相見積もりを!


③とも共通しますが、思い入れの強いアイテムや定価が高かったものは、相見積もりを取りましょう。

モノの相場はだいたい決まっていますが、買取店の大小や得意分野、地域性によって差があります。

手間にはなりますが、何軒かまわって査定をしてもらったり、③のように事前査定の対応によって、お店を選ぶのも賢いやり方のひとつです。

こだわりのあるものほど、時間をかけて納得のいく取り引きをしましょう!

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
子ども服は売れる!高く売るコツは売り先を考えるのがマスト!

⑤ 早め&まとめてを心がけよう!

最後は持って行く時期のお話です。

ブランド品というのは、常に新しいデザインやラインが生まれるので、早いに越したことはありません。

中でも限定品は、高額査定を狙うなら1日でも早く、できれば購入したその日に持っていくのがベスト!

理由は、限定品は相場が確定されていないので、遅くなればなるほど出物が揃い不利になるからで、実は高額査定に化ける可能性は低いのです。

特にシャネルとエルメス以外の限定品は、そこまで人気はありません。
勝ったその足で買取店に持っていきましょう。

逆に、ルイ・ヴィトンの定番中の定番、ジッピーウォレットはダミエでもモノグラムでも価格が安定しているので、時期の影響は受けません。

もし同じブランドのアイテムが複数あるようなら、まとめて売る方法があるのですが、その方が高額査定になるというより「ひとつでは価値が低いけれどまとめてなら」というケースが大半。

ですから、人気薄だったりで売れそうにないものも、まとめ売りならOKという場合もあるので、こちらのやり方も活用してみてください。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
ブランド品のバッグや財布は箱の有無で買取金額が変わるの?

まとめ

以上、買取店や質屋を初めて利用する場合、事前に知っておきたいことをまとめました。

初めてのことは誰でも緊張しますが、知っておくだけで気持ちにも余裕ができますし、鑑定士も「勉強している」ということがわかるだけで、耳よりな情報を教えてくれることもあります。

「不要だからいくらでもいい」というのではなく、自身でもしっかりと知識や情報を蓄えたうえで、納得のいく取り引きをしましょう!

買取専門サイトバナー