大掃除や遺品整理などで出てくるもののひとつに「止まった時計」があります。

電池を入れれば動くのかもしれませんが…止まったまま売ることは可能でしょうか?

答えはYES。
クオーツ時計は、止まったままでも売れます!

ただし、条件があります。

そこで今回は、クオーツの時計が止まっていても売れる理由と、逆に売れないケースはどんな時か、そして売る際に気をつけたい点をまとめました。

高級ブランドなら売れるけれど、
定価1万円のモノは売れない!

 

引用元:https://www.gmt-j.com/maker/OMEGA

クオーツの時計は止まっていても売れます。
ただし、世間に名前の知られているブランドや、高級品ブランドに限ります。

具体的には、
・オメガ
・ハミルトン
・ラドー
といった、定価が10万円以上のものです。

SEIKOやシチズン、カシオといった国内の有名ブランドもOK。
ただしラインによってはNGの場合もあります。

なぜ止まっていても売れるかというと、高級ブランドの時計は精度が高く、ムーブメントがしっかりしていてクオリティが高いから。
ブランドネームがあるので、止まっていても価値やニーズがあるということです。

また、精度が高いゆえ、止まっている原因も故障ではなく電池切れの可能性が高いとされ、買い取ってもらえます。

逆に聞いたこともないようなブランドや、定価が1万円以下のクオーツ時計はNG。

理由は、1万円以下の時計はもともとクオリティが低いので、電池を入れても動かない可能性が高いから。
認知度も機能もイマイチなので、修理する価値がなしと判断されるため、売れません。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
買取相場が安定している時計ブランド5選
時計を売るとき、箱ありと箱なしでどれくらい金額に差が出るの?
オメガを高く売るために、知っておきたい3つの知識

止まっている時計と、
動いている時計の査定の差は?

さて、止まっている時計でも売ることがわかりましたが、査定は当然下がります。

なぜなら、リスクが高いからです。

定価の高い時計は電池さえ入れれば動くことが多いのですが、もし動かなかった場合は、買取店が修理しなくてはなりません。
そのリスクを考えて査定も下げるのです。

具体的には、定価10万円前後の時計であれば、2~4割ダウンします。

また、基本的にクォーツの時計は何十万、何百万もしませんが、
・ジェイコブ
・フランク・ミュラー
に代表されるの宝飾時計は、宝石や装飾が豪華な分、定価が高くなります。

こうした時計も止まった状態で売れますが、査定はもっと下がります。
具体的には5割程度。

理由は、修理する工場が日本にはないで、海外に送らなくてはならないということ。
さらに、万が一動かなかった際のリスクを考えてのことです。

*****************************

以上のことから考えると「動かない高い時計は査定が下がる!」

つまり、高く買い取ってもらいたいなら 「電池を入れて、動いた状態で持っていくことがベストといえます。

ですから、売る前には電池交換や修理をしておきましょう。
できれば、ちゃんとしたメーカーでお願いするのが◎。

そこでの証明書はプラス査定になります。
しかしいわゆる街の時計店や、ショッピングモールにあるような店での証明書は全く効果がないので要注意。

ちなみに、ブルガリやGUCCIなど、時計専門ではないブランドに関しては、専門ブランドよりも精度が落ちるため、電池切れが原因ではないケースもあり、こちらも直してから売りに行くほうがいいといえます。

☆コチラの人気記事も参考にしてください↓
フランクミュラーの時計を売る時、知っておきたい知識とは?
ジャンクの時計をごっそりまとめてヤフオクで売ってみた!
人気時計ブランドを売るなら2月か3月を狙おう!

まとめ

クォーツ時計は、止まっていても売れますが、世間的に名前の知られたブランド、具体的には定価10万円以上の時計のみです。

定価1万円程度の時計はニーズもなく、修理しても壊れる可能性が高いため、売れません。

具体的な査定は2~4割ダウン。
修理が必要になった時のリスクを考えるからです。

また、宝飾時計は外国のブランドが多いため、輸送費や万が一のリスクを考えてさらに下がり、査定は5割ほどにダウン。

ですから、より高く買い取ってもらいたいなら
・電池を入れる
・修理をする
など、動く状態で持っていきましょう。

そして、ちゃんとしたメーカーでの電池交換・修理の証明書は、買取店に対しての信用度がより増すので、持っていくことをオススメします。

買取専門サイトバナー