ブランド鑑定士になる為に必要な資格はありません。学歴、年齢、性別など特に定められていません。また、現状では国家試験を受けたり、何らかの団体の認定試験を受ける必要もありません。

だからといって簡単になれる職業でもありません。ブランド鑑定士は、いざ実務についたときには大きな責任を伴うポジションです。ブランド鑑定士になるための資格をあえて挙げるなら経験年数かもしれません。資格というよりは職人のような存在と言えるでしょう。

ブランド鑑定士の2つ仕事と責任

ブランド品の買取店には必ず、持ち込まれた品物を査定する担当者がいます。これがブランド鑑定士です。ブランド鑑定士の最も大きな仕事は、持ち込まれた品物が本物のブランド品かどうかを見極めることです。また、その品物の状態や目に見えない欠点に気づくことも大きな仕事です。

それらの商品を観察して、その店の基準に沿いながら買取価格を提示します。

世界中のブランド品の知識が必要

当然ですが世の中には様々なブランドがあります。それらをできるだけ多く知っておくこと、それらの特徴を熟知しておくことが必要です。そのブランドの生産体制や材質の知識も必要です。またプレミア商品のことを知らなければ大きな鑑定間違いをしてしまいます。

ブランドの流行もブランド鑑定の大きな要素

もうひとつのブランド鑑定士の大きな仕事は値を付けることです。相場を知らずに値を付けることはできません。人気商品、流行中の商品などをよく見極めて値を付けます。
ブランド鑑定士はお店の方針で鑑定だけ行う場合と、販売も同時に担当する場合がありますが、どちらにせよ重要な知識が身についていることは必須と言えます。

ブランド鑑定士の責任

ブランド鑑定士の仕事はブランド買取店の業績を左右します。高く査定したものが、それに見合う価格で販売できなければ業績は落ちてしまいます。

また、本物を偽物と判断したり、その逆の判断をしてしまうと店の信用を傷つけることになってしまいます。本物として販売したブランド品が偽物だった場合、お店の存続に関わる大事件へとつながるでしょう。

ブランド品の鑑定士になる方法とは?

鑑定士になる方法
ブランド鑑定士になるための条件は定められていません。買取店が採用するときに独自の学歴や年齢に制限を設けていることがほとんどです。また、ブランド買取店での勤務経験やブランドショップでの勤務経験がものをいうケースもあります。

資格試験や終了過程が定められていないということは、教科書も講座もないということを意味します。自分自身の知識や経験が基礎になります。多くの場合、最初はブランド買取店の一般スタッフとして働きながら経験を積むことになります。

ブランド鑑定士になりたい人のほとんどはブランド品が大好きな方が多いことも特徴です。しかし当然ながら自分が好きなブランド品の知識しかない「ブランド鑑定士」はいません。世界中の自分が興味のないブランド品の知識も一級品にしておく必要があります。

ブランド鑑定士の現在と今後

ブランドが世界中に広まった今、ブランド鑑定士の需要は伸びている傾向にあります。
日本人はブランド品が大好きな民族ですし、中国人のバク買いなど、周辺国においてもブランド需要が高いことも理由の一つです。

資格として確立される可能性もある?

ブランドの価値は世界中で認められているため、世界中でコピー品のトラブルが起きています。実際各国の税関では輸入されるブランド品が本物かどうかを見分けることが大きな仕事になっています。
つまり、これから、国際的な基準が定められて公的資格になる可能性も皆無とはいえないのです。

いずれにしても、確かな知識と経験を有するブランド鑑定士の必要性が衰えることは、しばらく無さそうですね。

買取専門サイトバナー