結論、ブランドの化粧品や香水は使いかけであっても売ることができます。

化粧品は頻繁に新作が発売されますので、新しいものを購入したは良いがまだ古いものが使いきれずに残っている、というケースはほとんどの方が経験されていることではないでしょうか。

化粧品には使用期限がありますし、肌に直接触れるものですので、できるだけ衛生的な状態で使用したいと思うものです。

「ファンデーションや化粧水は生き物である」とも言われる程に、新鮮さが重要視されています。

この様な状況の中、残量が半分ぐらいしか残っていないものや、使用期限が過ぎているものでも売ることができるのです。

使いかけのブランド化粧品を買い取ってもらう方法は?

思案顔の女性
使用済みのアイシャドーやファンデーションは、表面を少しきれいにして、付属されているパフも洗浄しておけば、売ることができます。

驚かれるかもしれませんが使用済みのリップや口紅といったものでも、買い手がつくことがあります。

もちろん何もせずに買い手がつくのかといえばそうではなく、使用していた表面を削ってきれいにすることで買い取ってもらえるのです。

また中身が入っていなくても、コンパクト本体だけでも売ることは可能です。

例えばアイシャドーやファンデーションが入っていたコンパクト(ケース)は、本体だけであっても十分に価値があるのです。

容器は限定品なども非常に多いため、購入したいと思っていたけど購入できなかったという人がコンパクトだけを安く購入し中身を入れ替えて使用するケースもあります。

香水も使いかけで売れる!

香水に関しても使いかけで売ることができます。
中身を多少使用していたとしても、買い手が付くケースが多いのです。

香水は必ずしも使用するだけではなく、自宅に飾って楽しむ人や、その満足感に魅了されている人は多いと思います。

そのため香水が残り少ない、場合によっては中身が入っていないパッケージだけの状態でも買い手が見つかることがあります。

使いかけ化粧品や香水はどこに売れば良いの?

このような中古化粧品は、オークションやフリマアプリなどを使用して出品されることが多いのですが、近年では中古商品を専門に買い取っているサイトや買取ショップなどもあります。

ただし買取の基準は、お店によって全く異なりますので、場合によっては未使用品でなければ買い取ってもらえないケースもあることを念頭に入れておかなければいけません。

またはどれだけ状態の良い化粧品であったとしても、100円均一で販売されているものや韓国コスメのような安価で購入できるものは買い取ってもらえることはまずありません。

買取業者も商売なので売れるものしか買い取らない

当たり前のお話ですが、買取業者は買い取ったものを販売して、初めて利益を得ることができますが、安物はやはり買い手がつきにくいのです。

まずはご自分の「使いかけ化粧品」「使いかけ香水」にどれだけの値が付くか、鑑定してもらう所から始めてみませんか。

買取専門サイトバナー