要らないモノを売る時、質屋に行く人は少数派かもしれませんが、実は質屋には皆さんの知らない魅力がいっぱい。

売りたい時ドットコムでも、よく老舗質店さんに取材に伺っているのですが、店主さんからこんなお言葉が…。

「『質屋と買取店ってどっちが高く買い取ってくれるの? 』
って、お客さんからよく聞かれるんですよー」と…。

そこで今回はそのあたりを詳しく聞きながら、質屋の魅力と「実際に高く売れるものって何?」という情報を教えてもらいました。

★★コチラの記事も参考にしてください★★
老舗質屋さんに直撃!「質屋VS買取店」本当に高価買取なのはどっち?

1.質屋と買取店の経営の違いとは?

 

 

優良買取店

ドットコム(以下C)「そもそも、質屋さんってどうやって儲けているんですか?」

老舗質店店主(以下店「ズバリ、利息です」

C「こちらがお金を借りた時の利息ですよね?」

店「はい。モノを預かった時に、質屋が貸すお金の利息です。
利息は、年利で5万円までが5%~8%、5万円以上だと3%~7%。実はこの年利はカードローンや、消費者金融の年利(3%~18%)より高いんです。
でも質屋の場合は、督促もなくブラックリストに載らないので、ユーザーさんの負担が少ないんですよ

C「へぇ~! そういう仕組みなんですね」

店「つまり、質屋は利息だけで儲けられるので、買い取りで儲ける必要がない!
だから高く買っても負担が少なく、高価で買い取ることができるというわけです

C「なるほど。わかりやすいです」

店「初めて来店される方には、いつも『買取店と質屋ってどっちが高く買い取ってくれるの?』って聞かれるので、毎回この仕組みをご説明しています」

C「わかりました! では具体的にどんなものが高く売れるのか教えてください」

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
賢く使うととっても便利!質屋さんの仕組みを伝授します!
老舗質屋さんにきいた意外な預りものランキングトップ4!

2.宝石・着物・骨董や美術品…
専門性の高いものは質屋へ!

店「質屋に持っていくといいものは、宝石、着物。そして骨董や絵画などの美術品です。
より専門性の高いものですね

C「宝石は強そうですね!」

店「質屋の一番の長所は『鑑定力』なんです。
今営業している質屋というのは、長年活躍しているところが大半ですから、鑑定士の質も高いんですよ

C「確かに、最近できたような買取店で宝石をお願いするのは、ちょっと不安かも…」

店「宝石は、一番買い取り金額に差が出ます。 何万円、何十万円と差が付くことがありますから

C「何十万も!!
着物も同じなんですか?」

店「実は着物は安いんですよ…。 でも一枚一枚鑑定できる力が質屋にはあります。
例えば100枚の着物から、どれが高くてどれが安いか、瞬時に見分けて選ることができるんですよ」

C「まさに職人技!」

店「これが質屋の誇りであり美学なんです。
骨董品や絵画も同じ。真贋判定も含め、目利きに命を賭けているといっても過言ではありません
僕は市やオークションで、先輩の鑑定士さんと話すんですが、さりげなーい会話の中にある情報量がすごい!」

C「長年やっているから、それだけ知識も豊富だし、モノを見る確かな目が継承されているということなんでしょうね…。
ではみんなが大好きなブランド品はどうですか?」

店「質屋の方が若干査定は高いですが、ブランド品って相場が決まってるんですよ。なので、そんなに大きな差は出ませんね」

C「やはり宝石や貴金属、着物や美術品は質屋が強い

店「はい。そうです」

C「ただ私たちにとっては、質屋も買取店も看板からは判断できないですし、いい質屋がどれなのかがわからないんですよ…」

店「では詳しくお伝えしますね」

★★コチラの記事も参考にしてください★★
買取店や質屋でブランド品を高額で売るために!知っておきたい5箇条
フリマアプリに対抗すべき買取店や質屋の今後の取り組み

3.優良質屋を見分けるポイントは、
創業年数・地元密着・少数精鋭!

C「良い質屋さんを選ぶには、何がポイントになるんですか?」

店「地元で長年やっていて、店舗数が2,3件あるところが理想です

C「地元密着で、そこまで手広く営業していない」

店「ええ。地元で長年やっているということ=信用されているということですからね。少なくとも地元で50年は営業しているところがいいです。
また、数店展開しているということは儲かっているという証拠。
基本的に質屋は社員が少ないので、少数精鋭で経営するところが大半です。まあ、社員が少ないから儲けが多いということもいえますが(苦笑)」

C「お店の構えなんかも違いますか?」

店「飲食店さんと同じですよね。
年数だけ経って、アップデートされてないところは、なんとなく雰囲気も…」

C「ちょっとさびれてるみたいな…」

店「まあ、そういうところもあります(苦笑)」

C「最近は買取店が増えてることもありますが、買取店っぽい造りでも、質屋ってことがありませんか?」

店「一般ユーザーさんには見分けが付きにくいですよね。
そういう時は、質屋であれば『質屋』という屋号が入っていたり『パウンショップ(Pown Shop)』と書いてあるので、チェックしてみてください」

C「注意して見てみます!」

店「あと、サイトに力を入れている質屋はオススメです!
うちも最近ホームページをリニューアルしたんですが、広告宣伝費としては安くはないわけです。
それを整えているということは、ちゃんと利益が出ているということですし、新しい情報への意識が高いといえます」

C「サイトがイマイチだと『この店大丈夫かな』って思うかも…。
あと、質屋さんって会話を大切にしていますよね。この間、友達が買取店にバッグを売りに行ったら『はい何円』って言われて終わりだったと言ってましたが、質屋さんならそういうことはなさそう」

店「ブランドものは価格が決まっているので仕方ないのですが、なぜその金額になるのか、価格についてご説明しますし、先ほどお話ししたように『質屋と買取店どっちがいいの?』って訊かれれば、答えと理由をお伝えしています。
金額がどうであれ、納得して売ってもらいたいんですよ。
あと、自分たちがどれだけ買いたいか、買わせてもらいたいか伝えるようにもしていますね」

C「そう言われると、こちらも嬉しいし、安心できます。融通も利かせてくれそう…」

店「融通が利くのも質屋のいいところです。
質屋に限らず、買取店でも接客に力を入れているところはやはり流行ってます

C「そうなると買い取り店は安いということになりますか?」

店「そうではないですね。高く売れるものを、きちんと高く買い取るという面では、鑑定力に自信のある質屋の方がおすすめということです。
とはいえ、全国展開されてる買取り店や、FC化されている質屋はあまりオススメはできないですね

C「なるほど」

店「余談なんですが…。
先日、すごい台風が来ましたよね。あの日でもうちはお客様が来てくださったんです」

C「え! あの暴風雨の中を!」

店「店のいろんなところがはがれたり飛んだりしてる中(苦笑)、本当に有り難いですよね」

C「地元で長年培った信用があるから、そんな時でもお客様が」

店「そうであれば嬉しいです。あと質屋には質屋組合があるので、組合同士で連携を取りながら、買い取り金額を上げる努力を行っていることも、多くの方に知っていただきたいですね

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
キャッシング?質屋?お金を借りる時はどちらがお得か徹底比較!

4.まとめ

C「まとめると、質屋は経営の仕組み買取店とちがうので、高く買い取ってもらえるということ。
そして専門性の高い宝石や着物、骨董品は買取店より質屋がオススメということですね」

店「はい、そうです!」

C「質屋の選び方は、地元密着で長年やっていることが要になりそうですね」

店「鑑定士の目利きに、絶大な自信があります!」

C「サイトや店構えにも注目してみます。
あとは対話ができるので安心、そして融通が利くのも特徴でしょうか」

店「接客にも力を入れていますし、質屋組合の存在もアピールしたいですね!」

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
フリマアプリに対抗すべき買取店や質屋の今後の取り組み

 

 

買取専門サイトバナー