リサイクル業界では「アパレルの買い取りは安い」というのが一般的ですが、実は子ども服の買い取りが、最近注目されています。

そこで「今話題の『ネットオークション代行サービス』は本当にお得なの?」でも取材した、毎度おなじみの老舗質店にて、子ども服買い取りの現状を伺ってきました。

1.子ども服は、どんな状態でも売れる!

売りたい時ドットコム(以下C)「最近子ども服が熱いそうですが…」

老舗質店店主(以下店)「そうなんですよー」

C「そもそも、アパレルって安いイメージですが…子ども服なんて売れるんですか?」

「売れます!!」

C「キッパリおっしゃいましたね(笑)。具体的にはどんなものが?」

「一番売れるのは、3~6才のアイテムです。性別やアイテムは関係ないですね。
なんといってもすぐ大きくなる年ごろ! そして激しく動く年齢なので着替えも必要ですからね」

C「なるほど。うちの子は小学校3年生なんですが、売れないでしょうか?」

店「ギリギリですね…。実は高学年からは体格差が出てきますし、個人の好みも出てくるので売れにくくなるんです」

C「確かに…。
以前「メンズのアパレルより、レディースのアパレルの買取金額が安くなる理由」を書いたのですが、子ども服の買い取りはどのくらいなんでしょうか?」

店「レディースとメンズの間くらいですね。
ただレディースよりは全然売れるし、高く買い取ってもらえます

C「そうなんですか。
ただ…売ってる子ども服ってちょっとボロボロなイメージがあるのですが…」

店「それが、最近の買取店では全然違うんですよ。
モノも良くて、ブランドのTシャツが1,980円で売ってたりして、思ったより高い金額が付いているんです」

C「このような傾向には、なにか理由があるんでしょうか?」

店「ズバリ少子化です

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
赤ちゃん用品は高く売れる!?赤ちゃん用品買取事情を徹底解剖!
今後買い取りが増えていきそうなアイテム5選

2.中古の子ども服が売れる背景・そして現状

C「少子化はずっと言われ続けていますよね」

店「初めて子どもを産む年齢も、内閣府の調べによると、1970年には25.6歳、1990年に27.0歳、2016年には30.7歳になっています

C「確かに…晩婚・未婚も増えていますし、私の周りにも妊活が長くなって、30代後半や40代で出産する人もたくさんいます」

店「そうなると、単純に考えて20代より40代の方が給料は上がっていますから、子どもにお金をかける人が増えるわけです

C「一人っ子も多そうなので、周りもすごくかわいがるだろうし、頂き物も高級そう…」

店「今、アパレル少し落ち込んでいるんですが、子ども服だけは別なんですよ。
名古屋でも、例えば高島屋の8Fの子ども服売り場なんかは売り上げも伸びてるそうで、全身コーディネートで何十万もするものが、普通に売れているんですよ

C「何十万!」

店「それに目を付けたのがリユース業界。
『あ、子ども服は売れるのか!』となり、買い取りに力を入れていく店が増えているんです

C「キレイなものが安く売っているのなら、買ってもいいかも」

店「ユーザーもだんだんわかってきて、前述のようなデパートにいるマダムなどが、大量に売りに来るわけです。まあそういう方たちはあまり買いませんが…」

C「売るのはお金持ちの方だけど、買うのは…」

店「(苦笑)。まあ、需要と供給ができているということです」

C「やはり新品のみ?」

店「いえ、中古でも売れます。
あと、洋服だけじゃなくて、ベビーカー、ベッド、おもちゃなど、子どもに関するものがなんでも売れるのも、最近の特徴です

C「ベビーカーやベッドは使う時期が限られるし、買う方には有り難い!
買ってみたけど全然使わないものとか、自分には合わないものもありますよね。クウハンとか、フィットしなかった抱っこひもとか、搾乳機とか」

店「搾乳機! うちの妻もそう言えば使ってなかったなあ…」

C「搾乳機とかおしゃぶりとか、衛生的に問題ありそうなものは、さすがに売れないですよね?」

店「新品に越したことはないですが、お店がしっかりと消毒をするので、売れます。
こだわりのない方って、ためらわずに買うそうなんですよ」

C「それは驚きです。つまり何でも売れるということなんですね!
あらゆるものが買ってもらえるなら、エコにもなるし、お小遣い稼ぎもできそう」

店「新品で買うまでもないけど、使ってみようかなっていうニーズにも合っているのかもしれません。
 とにかく、アパレルに限らず何でも売れるということがいえますね

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
ブランド子ども服の中古買い取りが注目されている意外な理由

3.高く買い取ってもらうための店選びを伝授

 


C「では、実際高く買い取ってもらうにはどうしたらよいでしょうか?」

店「店を選ぶこと!
いわゆる『総合リサイクルショップ』ではなく、専門の業者を選びましょう

C「専門業者さんは、どうやって探すといいですか?」

店「やはりネットです。
自分の住んでいる地域を入れ、『子ども服』『専門』『買い取り』などのキーワードで検索するといいですね

C「そういうお店は実際流行っているんですか?」

店「これが、ものすごい流行ってるんです。しかも回転が早い!
モノが動いている証拠ですし、市場が拡大しているということがいえます

C「でも、子ども服を売るとしたら、ブランドじゃないとダメですよね」

店「全然売れます!
確かにデパートに入っているようなブランドなら、一点500円超えもありますが、GAPなどの手頃なブランドでも数百円とか、イオンなどのショッピングモールに入っているもの、ユニクロやH&Mなどのファストファッションでも、値段はつきます

C「いつも言われているように、定価に比例して査定が決まるイメージですよね。
定価の1割くらい?」

店「1割はさすがにきついです(苦笑)」

C「中古でも大丈夫?」

店「先ほどもお伝えしたように、中古でも売れます! ただ処分ニーズなので1円、10円の世界です」

C「自分で、ボロボロ具合を判断できなかったら?」

店「まずは査定に持っていってみましょう。
専門店であれば『一袋いくら』ではなく、一着一着査定してくれるので、 まずは見てもらってどうするか決めるといいですね

C「少しでも高く買い取ってもらう、裏技のようなものはありますか?」

店「基本ではありますが、キレイにたたんで持っていくこととか、アイロンをかけるとかですね。
メルカリなどのフリマアプリで直接売るのもアリですよ

C「値段が自分で決められますしね。どうしてもコレ! という人にひっかかって売れるかも」

店「ただし、フリマアプリは梱包や発送が面倒なので、その手間が気にならないようならオススメです

★★コチラの記事も参考にしてください↓★★
メルカリVSヤフオク。どんな時にどっちを使うとお得かを徹底比較!
ネットオークションやフリマアプリの気を付けるべき落とし穴3選
洋服を詰めたゴミ袋一杯を500円で買い取ってもらうサービスはお得かどうか検証!

4.まとめ

C「まとめると、子ども服は何でも売れる」

「はい。ブランドものはもちろん、中古のもの、おもちゃなどのベビー用品も売れます」

C「そして、少子化ゆえに高級志向が高まり、買い取り市場に波及した

店「ええ、 両親の世代がお金を持つ世代に移行したので『子どもにもいいものを与えたい』っていう人が増えているように思いますね」

C「最後は、どんなものでも売れるけれど、高く売るには店を選ぶこと」

店「そうです!
なんでもやっている店ではなく『アパレル』、できれば『子ども服』『子ども用品』を専門にやっているところを、検索して見つけましょう。
ちゃんと一着一着値段を付けてくれるので、どういうものが高価買取になるか、だんだんわかるようになると思いますよ

C「わかりました! 私はまず押し入れの整頓をしようと思います(苦笑)」

★★コチラの記事も参考にしてください★★
アパレルはシーズン到来の前に売るのがベスト!!
必見!高価買取が期待できるメンズアパレルブランドをご紹介!

買取専門サイトバナー