「メルカリ」に代表されるフリマアプリ、そして「ヤフオク!」に代表されるネットオークションは、不要品を処分しながら、ちょっとしたお小遣い稼ぎもできる便利なツール。

この話題は「売りたい時ドットコム」でも取り上げてきましたが、実はサイトでよく読まれているのが「流木が売れる!?意外と知らない売れるモノを一挙ご紹介!」という記事。
ここからもわかるように、ユーザーも「売れないものはない」として、フリマアプリやネットオークションをどんどん活用しています。

そこで「フリマアプリの普及で買取店に偽物かどうかを聞きに来る人が急増中!」などでもお世話になっている老舗質店で、その実情と賢い活用法を伺ってきました。

1.まずは双方のユーザーの違いを把握!

.com(以下C)「フリマアプリやネットオークションで、売れないものがないそうですね」

店主(以下店)「そうなんです。僕もリサーチや個人的なお小遣い稼ぎ含め(笑)、メルカリやヤフオクを利用していますが、びっくりするものも出ています」

C「前出の流木もそうですし、私が見たので驚いたのは、水道のホースと野菜です(笑)」

店「何でも売れるとは薄々感じていましたが、ユーザーが増えたこともあり、確信に変わりましたね」

C「実際、フリマアプリとネットオークションの違いって、どこになるんでしょうか?」

店「ズバリ、ユーザーの違いです! これは大きなポイントです。
フリマアプリのユーザーは、大半が一般ユーザーで女性がほとんどです

C「確かに。私の友達もこないだ『主婦も稼ごうメルカリセミナー』みたいなのに行ってましたよ…」

店「はい。主婦層が多いです。
これに対し、ネットオークションは8割が業者です

C「個人がお宝とかを出してるわけではないんですね。知りませんでした…」

店「この違いを見ると、売れるものも変わるのがわかります。
フリマアプリは『生活に根付いたもの』、ネットオークションは『専門的なものやブランド品』が売れる傾向にあるんです

C「では、具体的にどんなものが売れるか教えてください!」

※コチラの人気記事も参考にしてください↓
メルカリVSヤフオク。どんな時にどっちを使うとお得かを徹底比較!

2.日用雑貨や「コレ売れる?」というものは
フリマアプリがオススメ!

 

店「フリマアプリは主婦層が多いので、日用品や日用雑貨が売れます。
子ども服や靴、レディースアパレル全般、化粧品、高級ブランドではないバッグや小物。
健康器具や調理器具売れますね」

C「確かによく見ますね!」

店「あとは『コレって売れるの?』とか、わけのわからないもの(笑)」

C「わけのわからないものって…(苦笑)」

店「実は僕、寄せ植えが趣味で…。よく行く花屋さんで『寄せ植えをメルカリで売ったら?』って言われて、調べてみたらいっぱい出品されてるんですよ」

C「まさかの副業!」

店「いえいえあくまでもリサーチです(笑)。
寄せ植え繋がりでホームセンターによく行くんですけど、見てみると、ホームセンターにあるものはだいたいフリマアプリでも売れます

C「わかりやすいですね~。インテリア小物とか、園芸用品とか」

店「それから、フリマアプリは個人で出すので、思い入れがあったり『この金額じゃないとやだ!』っていう値段設定もしやすいです

C「なるほど」

店「後ほど詳しくご説明しますが、『フリマアプリに対抗すべき買取店や質屋の今後の取り組み』でもご紹介したように、今、フリマアプリの会社は海外に目を向けています。
とはいえ現状ではフリマアプリの市場は国内がメイン。なので、日本人が好きそうなアイテムはフリマアプリで、海外の方が好きそうなブランド品などは、ネットオークションがオススメです

C「そうなんですね。後ほど詳しく聞かせてください」

店「短所としてはちょっと手間がかかることですね。「今話題の『ネットオークション代行サービス』は本当にお得なの?」でも触れましたが、登録や送り状の作成は、ネットオークションの方が便利です。
あと、売り買いする人の間にアプリの会社が入ってくれるので、心な分、現金化するのに2週間から1ヶ月くらいかかるのもデメリットです

C「個人的には、品質とか真贋判定なんかも不安なんですが…」

店「あくまでも利用者は個人が主なので、そのあたりは自己責任ですね。
ただ、大手フリマアプリの母体はどこもしっかりしているので、高額アイテム以外は、必要以上に恐れる必要はないと思いますよ

※コチラの人気記事も参考にしてください↓
フリマアプリの普及で買取店に偽物かどうかを聞きに来る人が急増中!
リユース業界に即金買取の波が押し寄せている?

3.趣味嗜好品、マニア受けするもの、
ブランド品はネットオークションで

コーチ売却

C「ではネットオークションの特色を教えてください」

店「先ほどお伝えしたように、趣味嗜好に基づいたものは絶対ネットオークションですね。
楽器、カメラ、電動工具は鉄板です!」

C「電動工具!!」

店「これ、すごい人気なんですよ。即完するのでうちも欲しいくらいです(笑)。
電動工具って定価が高いですし、動けばいいので新品である必要がないんですよ」

C「そういった情報もホームセンターで仕入れてくるんですね…」

店「その通りです(笑)。電動工具は重いので買いに行くのも面倒ですしね。
あとはマニア受けするもの。『絶対欲しい!』という一部の人たちの中で、どんどん値段が上がっていくのでネットオークションがいいです

C「例えば?」

店「メジャーなのが、有名人のサインですね。海外アーティストだと、鑑定書付きが大半なので、信頼性もあります」

C「そう言えば私も芸能人のサインを探したことがあるなあ…」

店「そしてブランドアイテム

C「フリマアプリと反対に、信頼できそうです。業者さんが8割ということは」

店「それはもちろんなんですが、実は今ブランドアイテムが海外の方に人気なんです

C「あ、先ほど少し伺った?」

店「ええ。以前『ヴィンテージシャネルのアクセサリーは、高価買取に期待大!』でも触れたんですが、日本では買い手のつかない古いものでも、海外の方には好評なんです。
例えばこちらのバッグはモラビトというブランドなんですが」

店「私が見ていた時、10倍くらいまで跳ね上がりました。
こういった、ディオールの昔のバッグでも、1円スタートで1万円以上は行きます」

以上写真二点引用元:https://auctions.yahoo.co.jp/

C「私これ持ってましたよ(笑)」

店「ディオールが最近勢いあるのもあるんですが、主に海外の方が利用する代行サイトの『Buyee』で取り引きされていることが多いですね

C「ニーズってわからないものですね…」

店「総じて高額商品はネットオークションがいいです。フリマアプリで売れがちな調理器具なんかも、レミパンやルクルーゼなんかは、ネットオークションがオススメですね」

4.売る場、売れる場を見極めれば、
家や車の資金になることも夢じゃない!?

C「話を伺っていると、ものを見て、売れる場所を選ぶことが大事みたいですね

店「その通りです!
例えば僕はこないだフェラーリの模型をメルカリに出したんですが、全然売れなくて、ヤフオクでは売れたんですよ。
でも逆にシャネルのカメリアのブローチをヤフオクで出したら入札ゼロ。結局メルカリに出したんです」

C「確かにフェラーリはマニア受けしそう。
シャネルはブローチならそんなに高価じゃないし、メルカリを利用する女性が買いそうですね」

店「はい。いわゆる『せどり』の感覚ですよね。
せどりで儲けてる人は、皆さんリサーチ力が半端ないです。そしてまめ。
フリマアプリとネットオークションの両方に出して『多数のオークション出品中』と記載して1円でも高い方で売ったり、マーケットをデータ化しています。
安く買って、高く売るのがせどりの基本なので、本気で稼ぐなら、フリマアプリではなくオークションがいいです

C「実際どのくらいまで稼げるんでしょうか?」

店「僕の知り合いは、相当にマメなんですが、せどりで一戸建てを買いましたね

C「まさかの家購入!」

店「彼に聞いたら、1,000円でも儲かるなら手間はいとわないと言っていましたね。
起きてる時間はずっとPCやスマホに向かっているんじゃないでしょうか?」

C「コツコツとやれば必ず稼げる?」

店「はい。時間がある人はフリマアプリを使って、ない人はオークションの1スタで地道に。
これなら主婦の方でも、家事や子育ての合間にできます

C「研究したり、発送とか面倒なんですけど…」

店「そういう方は働きに出ましょう(苦笑)。
ただ、これって稼ぐというより、僕もやってみて思ったんですけど楽しいんですよ。
あんなものがこんな値段に! とか、逆もあったりして、ゲームみたいで」

C「なるほど。コツコツ楽しみながら、でも本気でやれば一戸建ても夢ではない」

店「その通りです!」

まとめ

C「フリマアプリは一般ユーザー、しかも女性受けする生活雑貨をメインに売るのがベスト。
ネットオークションのユーザーは大半が業者で、売るものは趣味嗜好に関するものや、高級ブランドというのがいいということですね

店「そうです。売る場所が違うだけで売れなかったり、逆にすごい値段に跳ね上がることがあるので、場所とものを見ることが大事です

C「大金も夢じゃない(笑)」

店「はい! 研究次第では夢ではありません! 世の中のニーズなども研究しながら、賢くお小遣い稼ぎをしてもらいたいですね

※コチラの人気記事も参考にしてください↓
ネットオークションやフリマアプリの気を付けるべき落とし穴3選

 

 

 

買取専門サイトバナー