結婚指輪を売るならリサイクルショップよりも買取業者!

愛し合って結婚したけれど、心変わりや価値観の相違など、様々な理由で別れがやってくることも。離婚に必要な手続きや身の回りの整理などを済ませた後、手元に残った結婚指輪…。
このまま持っていたくはないけれど、過去の特別な想いが込められた結婚指輪を、どう処理したら良いのかと、悩む人も多いと思います。

その時の感情にまかせて、もしくは思いを断ち切るつもりで捨ててしまう人も少なくないようですが、これから始まる新しい生活への資金を作りたいので、リサイクルショップや買取業者に売りたいと考える人もいますよね。

では、離婚して不要になった結婚指輪をなるべく高値で買い取ってもらうには、一体どうしたらいいのでしょうか?

結婚指輪の売却方法として一般的に考えられるのが、買取業者・リサイクルショップ・質屋の3つの選択肢です。

少しでも高く売りたいのなら、相場に則った高水準の査定を受けられる、貴金属・ジュエリー専門の買取業者を選びましょう。

査定がより正確な貴金属専門買取業者を利用しよう

貴金属専門買取業者
結婚指輪もあくまでジュエリー、貴金属に分類されます。日頃から貴金属やジュエリーを専門に扱っている買取業者は、より質の高い材質のものを求めており、質の良いものには相応の査定額を提示してくれます。
良質な金やプラチナ、あるいはジュエリーで作られた結婚指輪には、高い査定額が付くことが多いそうです。さらに、ハイブランドであったりデザイン性が高かったりするものは買取価格がアップすることも。

また、金やプラチナのみで作られたシンプルなデザインの指輪は貴金属専門買取業者へ、ダイヤモンドなどのジュエリーがあしらわれているものはジュエリー専門買取業者へと、結婚指輪の種類によって買取業者を選別するのもひとつのポイントです。

最近では結婚指輪や婚約指輪専門の買取業者もあり、多少の傷や刻印があっても買取金額が下がらず、宅配キットから送料・査定料・振込手数料まで全て無料で行ってくれるところもあります。ケースや鑑定書がなくても査定に響かないというのも嬉しいですね。

リサイクルショップや質屋の査定額は買取業者より低い場合が多い

リサイクルショップは売れるものならどんなものでも買い取ってくれるので、引っ越しや大掃除の時に助かるし、エコにも繋がります。

しかし、リサイクルショップには「安く買い取り、安く売る」という傾向があり、貴金属の質にこだわりがあるわけでもないため査定基準がしっかりしておらず、売り手が納得する査定額を提示してくれることはあまりないそうです。

質屋に持っていくという選択肢もありますが、質屋というのはあくまで貸付金の担保として物を預り、期限内に返済がなかった場合に所有権が質屋に移るというシステムです。
所有権が移った後、売り場に出す数ヶ月先の相場変動を考えて、査定額を低めに設定するところが多いようです。

結婚指輪を1円でも高く買い取ってもらいたい場合は、リサイクルショップや質屋の利用は避けたほうがいいでしょう。

焦ったらダメ!結婚指輪を売るにはタイミングも大切!

金やプラチナは常に相場が変動します。一日5〜20円、またはそれ以上の差が出る時もあります。「とにかく早く売りたい!」という気持ちから、何も考えずに売却してしまうと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。

まずはネットや新聞で価格変動をチェックし、じっくりと売却時期を考えましょう。自分ではよくわからないという人は、買取業者の鑑定士に売るタイミングを相談してみるのもいいかもしれません。

買取専門サイトバナー