世の中には星の数ほどの時計ブランドがありますが、その最高峰に君臨するのが「世界五大時計」。

それが
・PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)
・Vacheron Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)
・Breguet(ブレゲ)
・A.LANGE&SOHNE(A.ランゲ&ゾーネ)
・Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)
の5つなのですが、今回取り上げるのは、最近の一番人気を誇る「オーデマ ピゲ」。

中でも「ロイヤルオーク」は人気のライン。
そこで、人気の理由やラインの紹介に加え、表題にもあるように、なぜ「ロイヤルオーク」が高額査定になるのかをお伝えします。

1.オーデマといえば「ロイヤルオーク」。
ブランドの顔でもある、外せない逸品

オーデマピゲは、1875年にスイスで誕生。
現在も、オーデマ家とピゲ家でその技術を継承し、トゥールビヨンやムーンフェイズなどの機構を備えた、非常に高いクオリティの時計を作り続けています。

オーデマと言えば、何をおいてもこちらのロイヤルオーク。

 引用元:https://www.watch-yoshida.co.jp/mens/

ロイヤルオークは「オーデマピゲ」の代名詞。
オーデマにはロイヤルオークしかない、と言っても過言ではありません。

世界五大時計のラインの中でも、このロイヤルオークは、パテックフィリップの「ノーチラス」に次いで、2番目に人気があります。

当然、買取価格も高いロイヤルーオークですが、その理由は、前述のように
「オーデマの顔」であるから。
機構にもデザインにもこだわって作っているため、オーデマとしても一番売りたいアイテムなのです。

その思いは価格にも表れており、一切定価を落としません。

オーデマでは、ロイヤルオーク以外の時計はデザインは違うものの、ある程度基板が決まっています。
しかしロイヤルオークだけは異なり、他のアイテムにはないこだわりが詰まっています。
このあたりもロイヤルオークの違いのひとつです。

さらに、ロイヤルオークは豊富なラインを持っています。

世界3都市の時間がわかるデュアルタイム、自動巻き(オートマ)でありながらも正確に時間を刻むことの出来るトゥールビヨン、さらにクロノグラフ女性用のシンプルなラインなど、つける人の希望や用途で選べます。
時計愛好家にとって、欲しい機構を持つラインが充実しているのは大きな魅力です。

以上の理由で、ロイヤルオークは飛び抜けています。
オーデマファンの中には「ロイヤルオーク以外の時計を買うなんてありえない」と断言する人もいるほど、愛されるラインなのです。

こちらの人気記事も参考にしてください↓
「高価買取に期待!世界5大時計ブランドを徹底解説!」

2.ロイヤルオークなら、
定価の5割は当たり前。

ロイヤルオークは人気があるため、その分流通もあります。
しかし需要が常に上回るので価格は安定しており、高価査定が期待できます。

具体的な価格としては、5割~8割。
世界五大時計でも、ラインの人気度によっては定価の2~3割ということもあるので、この金額は高いといえます。

さらに限定品なら定価に対して8割が出たり、中古売価が定価以上の査定になることも。
特に、季節ごとのコレクションラインは、そのときしか買えないので、価格はぐんと上がります。
同じく複雑な機構を持つ時計には「いくら出しても欲しい!」というファンがあるそうです。

とはいえ、相場が決まりきっているので上がることはありません。
ただ、玄人好みで一過性の人気ではないので、安定しています。
高め安定。これがロイヤルオークの査定の基本です。

特に人気のラインは、ダイバーズバーズウォッチのオフショアシリーズ。

引用元:https://www.watch-yoshida.co.jp/mens/

今でこそ当たり前のステンレススチールを採用したのは画期的。
1972年の初代から多くのファンに愛されています。
ダイバーズウォッチとはいえ、重厚感があるので、ラグジュアリーウォッチとしての側面も持ちます。

ケースも薄く狭いのですが、見た目のボリュームがあり、それでいて飾りすぎていないエレガンスさが、多くの人を魅了しています。

デュアルタイムも人気です。

引用元:http://housekihiroba.jp/shop/

デュアルタイムは、市場にあまり出回っていないこともあり、高価買取りが期待できます。
カラーバリエーションが豊富というのも、多くの人から好かれる理由でもあります。

3.そのほかのシリーズの特徴、
そしてオーデマの魅力とは?

そのほかにも、デザインが個性的なミレネリー

 引用元:https://www.watch-yoshida.co.jp/mens/

ジュールオーデマ

 引用元:https://www.watch-yoshida.co.jp/mens/

スクエアが美しい、トラディショナル

 引用元:https://www.watch-yoshida.co.jp/mens/

このように、オーデマにはいろいろなラインがあります。
新作も定期的に出ますし、ジュネーブで開催される国際時計見本市では、毎回その技術が発信されています。

そんなオーデマの魅力をトータルで語るとすれば「センスのバランス」ではないでしょうか。

高級時計と聞くと、ダイヤや色石が使ってあり、ゴージャスなデザインをイメージしますが、オーデマは石の使い方も上品で、デザインはオーソドックスかつシンプル。
言うなら「引き算ができる」デザインだと言えます。

それは世界五大時計のどれもに共通しています。
洗練されていて、さりげなく、技術も高い。
だからこそ、世界の愛好家に認められるのでしょう。

余談ですが、世界五大時計の中で、オーデマを愛する方の傾向を見てみましょう。
他のブランド、例えばランゲ&ゾーネやパテックフィリップはフェイスが小さめなのですが、オーデマは全体的にボリュームがあります。
そのため、外国人の方や背の高い方に好まれる傾向にあります。
また、少しだけ自己権威欲が強く「一度は付けてみたい!」と購入する人が多いように感じます。

4.まとめ

オーデマピゲの豊富なラインの中でも、ダントツの人気&高価買取に期待大なのは、ロイヤルオークです。
その理由はオーデマを代表するラインであり、一番こだわりが凝縮されているから。

人気は安定しており、玄人好みということから人気の変動もなく、査定の相場は定価の5~8割。
今後も相場は高め安定をキープするでしょう。

時計はバッグやお財布などとは異なり、定価が高いため、カード換金を目的に購入する人はほぼいません。
ですから中古前提になりますが、それでもロイヤルオークなら定価の5~8割が期待できます。

逆に言えば、ロイヤルオークを持っていって5割以下の査定をされたら、その店はオススメしません!

ロイヤルオークは、いつ売っても安定して高価査定が期待できるので、安心して売りましょう。
そして、どの面から見ても素晴らしい時計なので、大切に使い続けることも、個人的にはおすすめします。

こちらの人気記事も参考にしてください↓
買取相場が安定している時計ブランド5選
ロレックス?オメガ? 高価買取してもらえる高級時計をご紹介!
ブランド時計は流行りものかどうかでベストな売り時が変わる!

 

 

 

 

 

買取専門サイトバナー