自宅で眠っているものや不用品を見つけ、売りたいと思ったものの、アイテムの種類がバラバラだと「全部まとめて同じ店に売るか」「種類別に専門の買取店に売るか」を迷うことはありませんか?

そこで「買取店によって買い取り金額に差が出る、本当の理由とは?」などでもお世話になっている老舗質店を訪れました。

すると「もちろん分けたほうがいいですよ!」と即答が。

というわけで今回は、カテゴリごとに買取店を選ぶメリットと理由、買取店の選び方などを詳しく訊ねてみました。

1.時計や貴金属など、高価なものほど専門店へ!

売りたい時ドットコム(以下C)「アイテムごとに買取店って分けたほうがいいとのことでしたが、その理由はなんですか?」

店主(以下主)「ズバリ、専門知識があるということです。番わかりやすいのが時計ですね

C「買取店では高価なアイテムですよね」

主「はい。例えば皆さんご存知のロレックス」

C「あ、今バブルが来ているという!」

主「そう、そのロレックスです(笑)。
ロレックスに限らずですが、時計は、査定の時に裏ぶたを開けるのですが、下手なお店だと傷をつけてしまう。
でも専門店だと、ロレックスの裏ぶたを開ける機械を持っているんです」

C「それは安心ですね。作業の経験も豊富でしょうし」

主「そうなんです。扱いが丁寧で確実です。それに専門店なんで知識も豊富だから、わからないことも教えてくれますよ

C「なるほど」

主「ロレックスやオメガのアンティーク『だけ』に特化した店もありますしね。時計ってブランドにより機構がたくさんあるんですが、それも詳しい」

C「何十、何百ある時計もあるそうですね」

主「ええ。だからこそ正確な査定が出せるんですよ。実はこれが一番言いたいことですね

C「これまでもいろいろなテーマで伺ってきましたが、査定が適正ということは、ユーザーの一番のメリットですからね

 

C「ちなみに、時計買取専門店でオススメの店はありますか?」

主「うちの本社がある名古屋ですと、大須のビッグムーンさん、アンティークの時計ならリベロさんをよく利用させてもらっていますね」

C「宝石や貴金属も同じ理由ですか?」

主「はい。目利き、専門知識、正確な査定、そして機械や道具が揃っているということですね。お店でなら、今池にあるサンコーさんは老舗ですし、信頼がおけます」

C「プロも利用する、お墨付きのお店なんですね」

主「実は僕たちも真贋判定してもらうときがあるんですよ

C「えっ! プロでも?」

主「僕たちも日々勉強していますが、やはり専門店の方の知識はすごいですからね!」

2.店頭でトレンドもキャッチできるアパレル専門店

C「次に伺いたいのがアパレルです。買い取りのアイテムといえばアパレルですよね」

主「そうですね。アパレルも専門店がおすすめです。同じく目利きや専門性の面です。何が高く売れるかを知っているんですよ。
あと、アパレルは大半が店頭販売なので、今のはやりをPOPでオシたりしていて、トレンドがわかるというメリットもあります

C「確かに、良さそうな服はマネキンが着てますもんね」

主「はい。あとは、キレイに並べていたり、アイテムごとに見やすくしているのは優良店なので、そういうところを見られるのも安心ですね」

C「ちなみに、アパレルで個人的にオススメのお店はありますか?」

主「セカンドストリートさんですかね。業界的に伸びていますから。もともとはGEOさんの系列で、GEOさんの本社がうちと同じ愛知県なので、ひいき目に見てるかもしれませんが(笑)。障害者雇用にも積極的に取り組んでいて、社会貢献の面からも信頼できるという印象です」

C「最近はブランドのバッグやお財布も売ってる店もありますが、そのあたりはどうですか?」

主「ファッションというくくりで見ると同じ種類ですからね。でもブランドアイテムはアパレル専門店ではなく『ブランド買取専門店』で売った方がおすすめです!」

C「理由は知識や査定の正確さでしょうか?」

主「はい。鑑定士しか見ることができないポイントがあるんですよ。一番怖いのはコピーを見抜く力で、最近はどんな店も力を入れていますが、やはり専門店にはかなわないと思いますね。正確な査定も期待できます」

3.骨董品・美術品は地元密着の質屋がオススメ!

C「私はあまり縁がないのですが…骨董品はどこに持っていけばいいのでしょうか?」

主「骨董品や美術品は、地域密着の質屋がオススメですね

C「まさに本業!」

主「そうです。私の本業です(笑)。
質屋ってそもそも、昔のメインはそれでしたからね。骨董品や美術品の査定ができないと話にならなかったんですよ

C「確かにそうですね。大きなお金が必要になったから、代々受け継いだ掛け軸や壺を売る…みたいな」

主「今は骨董品からブランドアイテムに変わってますが、僕たちの基本はここなんです。ですから最近伸びている買取店だと、骨董品や美術品は弱いという印象を受けます。あんまりおすすめしないですね」

C「では、街中にあるような、美術品や骨董品専門店はいかがですか?」

主「選択肢のひとつではあるのですが、優良店を見極めるのが難しいんですよ」

C「どのようなところが?」

主「店主さんによるところが大きいからです。例えばHPを持っていないなど、現在の情報網に疎いケースが多いように感じますね。つまり現状のニーズについていけてない

C「情報をアップデートしていないということですね」

主「そうなんです。お店構えもなんというか洗練されてないというか…」

C「入った瞬間、時代が止まっているような?」

主「まあそうですね(苦笑)。
確かに、掘り出し物もあったり、玄人受けはするんですが、オークションに参加してなかったりすると、今のニーズが把握できないんですよ
たまに店主がうちに売りにいらっしゃったりしますから」

C「え、そうなんですか? ではやはり質屋さんに行くのが無難?」

主「個人経営している質屋で、少なくとも50年以上地域密着でやっているところは信用できますよ

C「じゃあ何か出てきましたら、相談に来ますね(笑)」

4.宅配買取も可能なお酒は、かなり便利!

 

C「以前こちらで、お酒も売れるって伺ったのですが」

店「はい。意外とお宅で眠っているケースが多くて。これも専門店がおすすめですね」

C「具体的におすすめなお店はありますか?」

店「全国的に見ると、業界ではリカマンさんジョイラボさんが強いです」

C「『全国的に見ると』というのは、名古屋にはお店がないということでしょうか?」

店「お酒は酒類販売業免許というのがあり、その地区で買い取ったお酒は、その地区でしか売れないんですよ

C「へえ、そうなんですね!」

店「ネットで販売する場合も、資格を取るのに20万円くらいかかるんです」

C「では東京にしかない高価買取の店に売るには…お店まで持っていかないとダメでしょうか?」

店「いえ、実は宅配買取なら、全国どこでもOKなんですよ

C「それは嬉しいですね! お酒って持っていくのも大変ですし」

店「そうですね。酒販免許はそのお店ごとに何十万かかけて取る必要があり、支店があれば支店ごとに要ります。ハードルが高い分、誰でもやれるわけではないんです」

C「信用にも繋がりそうですね」

店「はい。最近は買取店でもお酒を扱っていますが、査定金額が違います。お酒も専門店に売るのが一番おすすめです

5.釣り具やゴルフなどのスポーツ用品、キャンプ用品もやっぱり専門店

C「売れそうなアイテムはだいたい伺いましたが、他にもありますか?」

主「いわゆるホビー商品ですね。釣り具やスポーツ用品、ゲームの類です」

C「言われてみれば確かに」

主「こちらも、専門店に売りましょう。釣り具なら釣り具、ゴルフならゴルフ。これも専門知識が豊富で、高価買取が期待できるからです

C「確かに最近、そういう専門店をよく見ますよね」

主「どんどん専門化されてますね。キャンプ用品だけとか、家電だけとか、それこそ大須に行くとパソコン用品だけでも細分化されています。
あと本ですと、やっぱりブックオフさんは強い。他では値段の付かないものも、1円とかで引き取ってくれるんです」

C「専門知識もあるし、市場が広いから何でも買ってくれる

店「そういうことです!」

C「では一般ユーザーが買いに行くのも、専門店がいいでしょうか?」

主「そうですね。基本的には専門店のほうが品揃えも知識も豊富ですから
ただ、たまにリユースショップなんかで、限定もののラケットとか、サッカーのスパイクが、とんでもない安い値段で売ってるときがあるんですよ」

C「あ、ウインドーショッピングで、うっかり見つけるみたいな」

主「何の気なしに見てたら、こんなところに掘り出し物! みたいな感じでしょうか。ダメ元で行ってみるのもアリかもしれませんね

6.優良な専門店の見つけ方・まとめ

C「最後になってしまいましたが、専門店の見つけ方ってあるんですか?」

店「これはズバリ、検索です。アイテムとエリアに加えて『専門』というキーワードを入れるやり方です」

C「例えば『時計・名古屋・買い取り・専門』みたいな?」

店「そんな感じですね。伸びている店は情報の得方や発信についても勉強していますから、検索で引っかかってくるはずです」

C「これまでメリットばかり伺ってきましたが、専門店のデメリットはあるんでしょうか?」

店「しいて言うなら…リサイクルショップのように『何でもOK』の店より、ちょっと無愛想ですかね(苦笑)」

C「職人的な?」

店「そうですね。初心者にはちょっと圧迫感があるかもしれません。接客よりも買い取りに力を入れているからなんですけどね」

C「では…質屋さんも?」

店「僕は愛想いいですよ(笑)」

C「まとめとしては『とにかくアイテムごとに分ける』に尽きそうですね」

店「今回はそのひと言です!」

C「専門知識があるので扱いが丁寧、いろいろ教えてくれる、何より正確な査定ができる

店「そのとおりです!」

C「うちの不要物…仕分けるのが大変そうですが、高価査定のためにも、後学のためにもがんばります」

買取専門サイトバナー