引用元:http://jp.louisvuitton.com/

ルイ・ヴィトンといえばモノグラム…だけじゃなかった!

ルイ・ヴィトンと聞いて真っ先に浮かべるのは「L」と「V」のイニシャルに星と花をモチーフにしたモノグラム柄という人は多いはずです。このモノグラムは1896年の誕生以来世界中で愛されている伝統的なラインで、ルイ・ヴィトンを代表するラインと言っても過言ではないでしょう。

ブランド買取の世界でもルイ・ヴィトンのモノグラムは最も高値がつきやすく、トレンドにも左右されにくいことから価格も安定しています。

しかし、モノグラム以外にもルイ・ヴィトンには様々なラインがあり、特にダミエはモノグラムよりも高値がつきやすい傾向があるのです。
ここからは、ダミエをはじめモノグラム以外の人気ラインについてご紹介いたします。

モノグラムと並ぶ伝統ある定番ライン「ダミエ」

モノグラムはコピー品を防ぐ為に作られたラインと言われていますが、この市松模様のようなダミエも同様で、なんと世界初の商標登録商品として発売されたラインです。1888年の発売当初から人気がありましたが、コピー品の横行により1896年には一旦販売中止となっていました。

しかしモノグラム誕生から100年後の1996年に限定復刻したことをきっかけに人気が再燃し、定番ラインとなりました。ダミエには定番で茶系の「エベヌ」の他にも白系の「アズール」と黒系の「グラフィット」と呼ばれるシリーズなどがあります。

ダミエはモノグラムより変色やシミが目立ちにくくきれいに見えやすい為、モノグラムより高値がつきやすい傾向があります。

カラーバリエーション豊富で女性に人気「ヴェルニ」

バッグを持った女性
カラフルなエナメル加工が施されたカーフスキン(仔牛の革)にモノグラムが型押しされたラインです。デザイナーのマーク・ジェイコブス氏がショーのために考案したことでも知られています。
ヴェルニは黒・白・茶など落ち着いた定番色をはじめ、ピンクや赤など鮮やかな色も発売されていて、カラーバリエーションが豊富なため女性を中心に人気があり、買取価格も安定しているようです。

丈夫なグレインレザーで男性にも人気「エピ」

エピとはフランス語で麦を意味しており、型押しされた線状の模様が揺れる麦の穂のように見える為この名前が付いたそうです。エピに使用されている革はグレインレザーと呼ばれる上質な革が使用されていて、丈夫で傷がつきにくく、独特の風合いと光沢が特徴です。耐久性や防水性にも優れているので、特に黒色のアイテムは男性からの支持も高く、男女問わず人気のあるラインです。

モノグラムやダミエと同様に、エピも定番ラインなので買取価格も高値がつきやすいようです。

ポップなデザインでカジュアルにも対応「マルチカラー」

ルイ・ヴィトンの数あるラインの中でも最もカラフルで奇抜なのがこのマルチカラーです。2003年にデザイナーのマーク・ジェイコブズ氏とアーティストの村上隆氏とのコラボレーションから生まれたこのデザイン。モノグラムは33もの色で表現されています。

ポップな雰囲気も持ち合わせているため、カジュアルな服装にも合わせやすいとの評判もあります。
ベースの色は黒と白があり、黒の方が汚れが目立ちにくい為、買取価格も若干高くなる傾向があるようです。

ここでご紹介したラインの他にも、ルイ・ヴィトンにはマヒナやスハリといった比較的落ち着いたイメージのものや、タイガやマカサーといった男性向けのアイテムが多いラインなどもあります。
全体としてルイ・ヴィトンはアウトレットや並行輸入が無いため安く購入できる手段が少なく、中古でも値崩れが起きにくい傾向があるようです。

その為、中古のどのような状態でも値段がつかないということはまずなく、ここでご紹介した定番ラインであればモノグラムに負けず劣らずの高値がつく可能性があります。

また、ルイ・ヴィトンのバッグであればネヴァーフルといった型が高値で売れる傾向があったりと、商品の状態だけでなく型によっても買取価格に違いが出る為、気になる方は一度査定に出してみると良いかもしれませんね。

買取専門サイトバナー