引用元:http://japan.coach.com/

1. 査定前に商品の傷や汚れを確認!キレイにしておこう

商品の汚れや傷は、買取価格を決める査定の際に大きく影響してくる部分です。売りたいバッグやお財布は、査定の前に自分でできるだけキレイにしておきましょう。

革製品のバッグやお財布は、表面〜内側まで、乾いた布でよく拭き取って汚れを落とします。ただし、水拭きは避け、濡らさないように注意してください。水に濡れると革に含まれる油分が抜けてしまい、ゴワゴワと固くなったり、シミや色落ちの原因になってしまいます。

キャンバス生地やエナメル製品の場合も、安易に水に濡らすのは避けてください。特に色の濃いものは色落ちしたり、シミになってしまうことがあります。まずは乾いた布で拭き取ってから、どうしても汚れがとれない部分にだけ、少量の水を含ませて固く絞ったタオルや布でポンポンと軽くたたくと落ちやすくなります。

また、

  • 取手部分や底部分など傷みやすく汚れが多くなる箇所
  • 留め金部分
  • 糸のほつれの有無

こういった箇所もチェックされるポイントです。商品の表面だけでなく、こうした細かい部分も確認しておきましょう。

2. 染み付いた「におい」も忘れずに除去!

商品のにおいも、査定時に響いてくる要素です。タバコや香水、カビのにおいがついている…なんてことが無いようにしましょう。
においが気になる時は、風通しの良い場所に1日干しておきましょう。カビ臭が強い場合は、においの元となるカビを綺麗に拭き取ったうえで干しておくことが大切です。

それでもにおいがとれない!そんな時に試したいのが「お茶の葉」を使った消臭です。
茶葉には消臭効果や殺菌効果のある成分が含まれています。ストッキングやネットに包んでからバッグやお財布の中に入れ、風通しの良い場所に数日置いておくと更なる消臭効果が期待できます。出がらしを使う際は、濡れたままではなくレンジでチンするか、炒って乾燥させてから使用してください。濡れたままバッグやお財布に入れると、余計に雑菌が繁殖してしまいます。

市販の消臭スプレーを使用する手もありますが、特に革製品だと色落ちや、革の変質の原因になりかねません。まずは茶葉を使った消臭を試してみましょう。

3. 付属品を揃えて「購入時に近い状態」で査定に持っていく

コーチ売却
査定に持っていく時、見落としがちなのが付属品の存在です。購入した際に商品についていた箱、保存袋、保証書…こうした付属品が揃っている=購入した時の状態に近いものほど、高額で売れる可能性が高くなります。

また、こうしたブランド品はコピー製品が非常に多く出回っているため、「ブランドの正規品である」ことを証明できる保証書があると、査定の際に特に有利になるのです。

4. 商品が古くならないうちに!見切りをつけて早めに行動を

バッグやお財布そのものの状態だけでなく、商品のデザインやモデルは新しければ新しいほど良いため、早めに売った方が高く買い取ってもらえることが多いです。

売ろうかどうしようか迷った末に、結局タンスにしまいこんでしまい、汚くなった・流行遅れになってしまった…なんてことにならないよう、見切りをつけて早めに査定だけでもしてもらいましょう。

複数の商品をまとめて持っていくと買取価格をアップしてくれるお店もあります。使用しないバッグやお財布がいくつかあるのなら、この際に一度にまとめて持っていくとさらに高額で買い取ってもらえるかもしれませんよ!

以上、コーチのバッグやお財布を少しでも高く売るためのポイントを4つご紹介しました。
いざ売る時に苦労しないよう、日頃から丁寧に扱い、使用しないものはキレイに保管しておく、といった心がけも大切ですね。

買取専門サイトバナー