ノーブランドの洋服を売るなら宅配買取サービスがおすすめ!

洋服を売りたいけど、ブランド物ではなくノーブランドの洋服ばかり…という場合、「ノーブランドの洋服は買い取ってもらえない」と思い込んで、オークションを利用したり捨ててしまったりする人もいるそうです。

リサイクルショップや中古買取業者などの中には、ノーブランドの洋服の買取を行っているお店もあります。ところが、最近はノーブランドの洋服の買取を停止しているところが多かったり、「買取OK!」のお店をやっと見つけたけど家から遠かったり、ということもあるでしょう。

そのような場合は、宅配買取サービスを実施しているお店を利用しましょう。査定して欲しい洋服が大量にある場合などに大変便利です。

宅配買取サービスは、査定希望の洋服を、ショップ側から送られてきた宅配キット(または自分で用意したダンボール)で送付し、査定後にメールや電話で知らされる査定金額に了承した時点で取引が成立、その後銀行口座に買取金額が振り込まれるという流れが殆どです。

メーカーと購入年数をチェック!ノーブランドの洋服を売る時のポイント

私服をチェック
宅配買取サービスを利用した場合、査定の結果買取不可の洋服は、着払いで返送されることが多いので、ノーブランドの洋服を売る場合は、以下のことに注意しましょう。

ショップによって「ブランド」認定の幅が違う!

ノーブランドの洋服を売る場合のショップ選びで一番注意したいのは、ブランド認定の幅です。自分ではノーブランドのつもりで持ち込んだものが、「ブランド物」として査定されることもあるのです。

まずはショップのHPで買取ブランド一覧を見て、自分が売る予定の洋服が「ブランド物」として買い取ってもらえるのかどうかをチェックしてみましょう。

ファストファッション系は買い取ってもらえない場合も

リーズナブルな値段で気軽に購入できる、いわゆるファストファッション系のブランドは、買取をしてくれるお店が極端に減ってしまいます。

例えば、買取条件に「定価3000円以下(もしくは5000円以下など)の洋服は買取不可」となっているショップも多く、もし買い取ってくれたとしても、ダンボール一杯に洋服を詰め込んで合計500円以下の買値にしかならなかった、という話も聞こえてきます。

ファストファッション系の洋服を売る場合は、「捨てるよりはいいかも」というくらいの気持ちの方がいいのかもしれません。

購入してから2年が目安!古いデザインは買取不可の場合が多い

流行に左右されやすい洋服の場合、ブランド品でも3年が買取目安と言われています。ノーブランドの洋服の場合は特に厳しく、服の状態にもよりますが、大体2年以内のものでないと買い取ってもらえない事が多いようです。

特にストリートカジュアルをはじめとする若者系のファッションブランドは、1年経過すると「ダサい」とされてしまうので、流行したファッションであればあるほど、時間が経つと買い取ってもらえない事が多くなります。
キャリア系のブランドや、シンプルでスタンダードなデザインなど、汎用性の高い洋服の方が買い取ってもらえる可能性が高いようです。

ノーブランドでも諦めないで!まずはショップに問い合わせてみよう

購入から2年以内、定価3000円から5000円以上の洋服なら、ノーブランドの場合でも買取をしてもらえるようです。もちろん洋服の状態にもよりますが、「ノーブランドは無理」と諦めないで、まずは宅配買取サービスや近くのリサイクルショップに問い合わせて、無料査定がある場合は是非利用してみましょう。

これは「値段が付かないだろうな」と思っていたものに、思わぬ値段が付くかもしれませんよ!

買取専門サイトバナー