平日のお昼間、家でのんびりしている時に「テレビ、クーラーをはじめ、不用品をなんでも回収します!」なんて声が、どこからともなく聞こえてくることはありませんか?

窓を開けて見てみると、アナウンスを流しながら走る軽トラの姿。
不用品回収業者が、住宅街を周っているわけですね。

そもそも、不用品回収業者は「冷蔵庫・本棚・燃えるゴミ」など、本来なら分けて処分する必要があるものを、一度に持っていってくれる非常に便利な存在。

すべてを一度に済ませられるのは、特に非力な女性やお年寄りにとって有難く、ちゃんとした回収業者も、もちろんたくさんあります。

しかし、中には悪徳業者もあり、金銭トラブルに発展することも。
今は消費者センターにも多くの苦情が寄せられ、社会問題になっています。

そこで今回は、悪徳回収業者の手口やトラブル、また騙されないためのコツをお伝えしていきます。

トラブル1:回収は無料と言っていたのに実は有料だった!

回収は「買い取り」ではないため、基本的に無料のはず。
ですから「回収」と言っているのにお金が発生した場合は、悪徳業者という可能性が高いです。

もし買取の場合でも、業種自体「出張買取」という位置付けになるのですが「依頼先のお宅以外での業務はNG」です。※法人対法人の場合を除く

ですから、家の前やマンションの下、路上で業務をすることはすでに違法。
自宅以外での回収・買取は違法になりますし、住宅街を流している勧誘型の業者は利用してはいけないことになるんですね。

というわけで、有料だった場合には注意が必要なのですが、もし業者が「不用品回収適正業者」なら、お金が発生した場合でも金額が適性価格だと言えます。

市町村では「一般廃棄物収集運搬業許可」を得た業者を「不用品回収適正業者」として認めており、この許可を取るのは難しく、もし違法なことをした際には即刻はく奪。二度と許可は下りません。

いわば、この許可を持っている業者は市町村のお墨付きの業者。
そのため回収時に料金が発生したとしても、その金額は妥当だと言えるのです。

余談ですが、回収と買取の違いは以下ですので、参考にしてください。
回収…再販不可能なものを無料または有料(回収料徴収)で引き取る。
買取…再販可能なものを買い取る。

トラブル2:不用品を回収したあとに追加料金を取られた!

ケース1とも似ているのですが、こんなケースです。

「回収自体は無料だったけれど、積み込み料金が要ると言われた」
「さすがにこの量だと有料でしょ? とキレられた」
「回収した後に、あとで請求書を送ると言われた」
「キャンセルすると言ったら、キャンセル料とここまでの人件費、積み込み料を払えと言われた」
「文句があるなら、一人で荷物を下ろせとすごまれた」などなど…。

どれもひどいものばかりです!

シチュエーションとしては、お宅から出た冷蔵庫やクーラーが、すでにトラックに詰まれているような状況。
じゃあ荷物を下ろせと言われても、特に女性の場合は不可能ですよね。
こうして悪徳業者は「お金を払わざるをえない」という状況を作り、お金を巻き上げていくのです。

平日のお昼間に住宅街を周っているのは、女性しか在宅していない時間帯だというのが理由なのかもしれません。

トラブル3:回収した不用品の処分先が不明!

社会問題にもなっているのですが、こういった悪徳業者の不法投棄、実はとても多いんです!

回収したものを再利用するのか、または使える部分だけを売るのかは業者の判断次第ですが、使えない部分が出た時、悪徳業者は違法投棄してしまうのです。

本来、一般廃棄物や産業廃棄物の処理には許可が必要で、きちんとした業者であれば、処理も適切に行いますが、悪徳業者のモラルはゼロ。
構わずその辺に捨ててしまいます。
ひどいものになると、自宅の近くの空き地に見覚えのある冷蔵庫が転がっているようなことも…。

こちらは、消費者が防げるものではありません。
しかし回収を悪徳業者に任せたことにより、消費者が金銭トラブルに巻き込まれるうえ、こうした環境問題にも加担してしまうということを覚えておいてもらいたいと思います。

トラブル4:不用品回収業者の所在地が不明

「騙された!」と気付いた時、連絡しようとするも「連絡先を聞いてなかった…」なんてケースも多々あります。

流している軽トラだと、所在地を明らかにしていなくてもバレませんし、気付かれたかもと思えば、そのエリアを周らなければいいこと。
悪徳業者は、お金を騙し取るためにやっているので、なかなか尻尾がつかめません。

ですので、ケース1でお伝えしたように、不用品回収適正業者であることを確認しておくことをおすすめします。

騙されないための4つのチェックポイントはこれだ!

実は、悪徳業者を取り締まるための、不用品回収に特化した法律はまだありません。
ですので、消費者が賢くなる必要があります。

ポイントは次の4つです。

1.不用品回収適正業者であるかと所在地や連絡先を確認!

前述のように、市町村から許可を受けている業者かどうか確認しましょう。

ちゃんとした業者であれば、料金に関する説明も事前にありますし「本当にお金はかかりませんか」という質問にも答えてくれるはず。
もし利用する時は、名刺を渡してもらったり、車に社名などが書いてあるのかをチェックしましょう。時には車のナンバーを控えておくことも有効です。

2.市町村に情報を提供してもらう

一番確実なのは、不用品が出た場合、市町村に問い合わせることです。
市町村に問い合わせれば、市町村が許可している優良業者を紹介してくれます。

3.ネットでのレビューや口コミの評価を調査

グルメや宿のサイト同様、不用品回収業者のサイトも数多く出ています。
「不用品回収」「エリア」で絞ると、レビューや口コミが出てくるので、検索してみましょう。
こちらは、自分の目的に合った業者を探す時にも役立ちます。

4.とにかく流しのトラックは利用しない!

最終的には、街を周っているトラックは利用しないこと。

これが最も安全です。

重い荷物を運んでくれた上で、料金が発生しないことは、冷静に考えたらありえません。「世の中に上手い話はない」ということです。

まとめ

不用品回収を考えた時、気軽に流しのトラックを利用しないこと。
そして不用品回収に計画性を持ち、事前に市町村に問い合わせたり、ネットでの口コミを見てみるのが安全だと言えます。

本来、不用品回収業者は、きちんとした業者であれば、安全で便利な存在なので、賢く活用したいものです。

また、最近は消費者の立場に立ったサービスを提供してくれるところも多く、不用品回収に加えて「引っ越し作業」「ゴミ屋敷清掃」「不用品を買い取る」など、サービスを併用している業者も増えてきています。

不用品が処理できるうえに、買い取ってもらえることで、ちょっとしたお小遣い稼ぎができたりと、プラスアルファの利点も。

自身でもリサーチして、目的に合った、安全な業者を探してみてくださいね。

 

買取専門サイトバナー