スマホや携帯と同じく、自分のとってもパーソナルな部分がたくさん詰まっているのが、「 財布 」。

そして毎日使う “ 実用品 ” として、ないと困るものですよね。
実用品だからこそ、使いやすさや丈夫さが重要視されるアイテムだと思います。

しかし中には、決して使い勝手が良いとは言えないうえ、高価な割に使えばそれなりに劣化してしまう、そんな財布がなぜか人気で高価買取対象となっています。

一体どんな財布なんでしょうか・・・?

 

代表的なのものが、『 HERMES(エルメス)』の財布です。

ハイブランドとして有名なエルメス。

ご存知の方も多いと思いますが、エルメスの代表的なアイテムと言えばバッグのバーキンですが、バーキンも実用的かどうかという観点で見れば、非実用的なアイテムですよね。

持っているだけで自分を格上げできるようなステータス感を味わうことができるブランドで人気ですが、理由はほかにもあるはず…。

そこで今回は、エルメスの財布は実用的でないのになぜ高価で人気なのか、その理由をアイテムとともに紐解いていきしょう☆

エルメスがブランド界でカリスマ的存在の理由

その① エルメスがこだわり続ける高品質

1837年に馬具工房として創業したエルメス。

その時代の技術を継承された職人が、一寸の狂いなく硬い皮革を裁断し、一針一針と丁寧に縫合する。そしてコバの処理、ファスナーなどの金具をつけるといった作業までをすべて手作業で行います。

しかも、ひとりですべての工程を担うのです。

そして卓越した職人の技術だけでなく、徹底された皮革選びにも驚きです。
世界各地から上質の皮革のみを選び抜き、バリエーション豊富な素材を揃えています。

なかでも、「ポロサス」「ニロティカス」「アリゲーター」などの最高級素材のクロコダイルは、大きな模様があるところしか使わないのでとてもリッチで美しい仕上がりにこだわりを感じます。

その② エルメスが成し得るシンプルで洗練されたデザインとカラーバリエーションの豊富さ

誰もが一度は持ってみたいと憧れるエルメスの財布のデザインは、考え尽くされていて気品を感じますよね。

シンプルで飽きがこないので、長く愛用する人が多いのも特徴。
老若男女から支持され、特に若者は背伸びしてでも持ってみたいと思うブランドです。

そして驚きなのが、200種類以上あるカラーバリエーションの豊富さ!

単に色違いというレベルではなく、絶妙で微妙な「色の違い」が表現されていて虜にされる人が多いのではないでしょうか。

きっと素材にこだわるからこそ成しえる技なんでしょうね。

その③ 安心のアフターサービスを提供し続けるエルメス

エルメスは購入後、永久にアフターサービスがあるので、長年愛用して劣化してしまっても安心。

すべてのアイテムにおいて、どこのアトリエで誰が作ったのか分かるようになっているそうですよ。

エルメスのショップに持って行けば細かく事情を聞いてくれて必要に応じてアトリエの職人さんに確認をしてくれるので信頼が持てますよね。

職人さんとの距離が近いのも、エルメスに魅了される要因のひとつです☆

エルメスの財布 人気の財布5選!

ドゴン

    引用元:https://item.rakuten.co.jp/brand-cantabile/02-0124/

「ドゴン」は、この大きすぎるサイズや小銭入れが分かれているところ、開閉する際に使うストラップなど使いづらい点はありますが、控えめでシンプルなデザインで特に男性から人気です。

アイコニックであるセリエボタンがポイントでサイズ展開は3タイプあります。
一見するとシステム手帳のようなデザインですが、その収納力は抜群♪

機能性には申し分ありません♡

ベアン

   引用元:https://item.rakuten.co.jp/daikokuya78/2143200066327/

とにかくお札も小銭入れもカードも収納的には物足りないのが「ベアン」。

開閉時に使うストラップも少し面倒な気もしますが、エルメスの財布の中での人気は高く定番となるアイテムです。

エルメス(HERMES)の頭文字の“H”の留め具が特徴で、控えめだけど一目見ただけで「エルメス!!」と分かるのが人気の要因のひとつです☆

そして何よりもスマートさを求める人にとってベアンは理想の財布と言えるのではないでしょうか☆

ベアンスフレ

   引用元:https://item.rakuten.co.jp/santnore/7-039785ck-18-eto-a/

スマートさ重視のベアンに1㎝のマチをつけたものが「ベアンスフレ」。

「スフレ」というお菓子の名前はよく聞きますよね。フランス語で「ふっくらとした」といった意味合いがあるそうです。

マチがついた以外はベアンと同じ仕様で、小銭入れやカードの収納力には乏しく感じます。

しかし、このマチがあることで約100枚のお札が収納可能に!
少しでも使いやすくというエルメスの思いやりでしょうか。

好みは分かれますが、ベアンスフレもエルメスの中では高い人気を誇るアイテムです♡

ケリーウォレット

  引用元:https://item.rakuten.co.jp/tricolore/herkellywa14/

開閉時に一番クセを感じてしまいますが、エルメスの代表的なバッグのケリーのデザインがリンクした「ケリーウォレット」。

小銭入れのつまみ部分がカデナの形になっていてとてもチャーミングで人気です。

収納力にも優れているので、開閉時のことを気にしなければとても使いやすいアイテムではないでしょうか☆

アザップ

   引用元:https://item.rakuten.co.jp/brand-cantabile/02-0203/

エルメスの財布の中で実用的な面で一番長けているのが「アザップ」。

ラウンドファスナータイプで、スタンダードな“クラッシック”とポップでカラフルな内装がおしゃれな“シルクイン”とあります。

アザップはエルメスの中で一番実用的で機能性に優れている財布といえるでしょう☆

エルメス以外の人気ブランドをのぞくと・・・

エルメス以外の人気ブランドで、実用的ではないけど人気がある財布を調べてみました。
…が、どうやら〖 実用的でなはい = 人気がない 〗ようです。

日本で一番人気のブランド、ルイヴィトンの「ポルトフォイユ・インターナショナル」が良い例かと。

三つ折りタイプの長財布で、札入れやカードポッケ以外にもペンさしまで付いているという機能面ではかなり優れているアイテムでしたが、やはり使い勝手の悪さなどにより今は廃番となっています。

その他、「ポルトフォイユ・サラ」もやはり「ジッピーウォレット」には人気も使い勝手の面でも勝つことが出来ないほどジッピーの需要は根強いですよね。

毎日使う実用品だからこそ、使いやすく丈夫で、実用的なものが圧倒的に人気ということは明確です☆

 

☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★

実用的でない財布は、基本人気がない。
エルメスだけは別格!!!ということですね。

それだけエルメスには誰もが惚れこんでしまう魅力があり、それはエルメスの長年の揺るがない企業努力の賜物ということがはっきりと分かりましたね☆

 

買取専門サイトバナー