手軽に買うことのできない、「高級腕時計」。
一生ものにしたい時計と出会えればそれに越したことはありませんが、
買い替えや、売却も視野に入れて選ぶとしたら、
価値が下がらない時計選びをしたいと思いませんか?

そこで今回は、
比較的に相場が安定している高級腕時計ブランドを5つご紹介します☆

【 ROLEX(ロレックス)】

腕時計を「実用品」まで高めたカリスマブランド

ロレックスは創業以来決してブレることなく、
「究極の実用時計を作る」という目標のもと、時計作りをしてきました。
そして誕生したのが、腕時計の三大発明と呼ばれるメカニズム。
・「オイスターケース」牡蠣の殻のように完全に閉ざされたケースによる防水機構
・「パーペチュアル」腕の振動により電池がなくても時計が動く自動巻き機構
・「デイトジャスト」瞬間日送りカレンダー
この発明によりロレックスはいちはやく腕時計の最先端ブランドの地位を確立しました。

ロレックスの買取相場が安定している理由は、
「万人受けするデザインの美しさ」と「実用性の高さ」が
限りなく高い次元で両立しているからです。
そして、何よりもその知名度と人気度が時計界でナンバーワン!
需要と供給のバランスが保たれているのも一つの要因です。
買取を依頼する中で一番相場が安定しているブランドと言っても過言ではありません。

相場が安定しているモデル

□すべてのモデル

ロレックスは、すべてのモデルが安定した買取相場と言えるでしょう。

なかでも「デイトナ」「サブマリーナ」「エクスプローラー」「GMTマスター」などの
スポーツモデルは根強い人気で相場に不安定さを見せることはありません。
ビジネスシーンやパーティシーンでも自分を高めてくれる、
「デイトジャスト」「デイデイト」「エアキング」などのドレスウォッチも
魅了される人は多く、幅広い世代に支持されています。

ロレックスはどのモデルも品質の高さが評価され、
ブランド力により買取市場において安定を図られています。

☆ぜひこちらも参考に☆
ロレックスの買取価格と為替相場の関係
デイトナ?エクスプローラー?高額買取してもらえるロレックスのモデルとは?
ロレックスの腕時計が高値で買い取ってもらえる4つの理由

【 OMEGA(オメガ)】

長年の歴史が育んだ高い技術力が生み出す機能性を持つブランド

オメガはスイスきっての老舗時計メーカー。
1932年のロサンゼルス大会から28回もオリンピックの
オフィシャルタイムキーパーを担ってきた、時計界の大御所さんです。
2020年開催の東京オリンピックでも
オフィシャルタイムキーパーを担うそうですよ。

そんなオメガはロレックスと比較されることが多く、
ロレックスよりも手が届きやすい価格帯で、
ムーブメントの優秀さにも定評があります。
自社でのオーバーホールにも力を入れていて、
「長く愛用してもらえる時計作り」を大切にしています。

オメガの買取相場安定している理由は、
選べる価格帯と豊富なバリエーションで人気があるという点です。
機能性の面でも大変優れていることも人気が絶えない要因ですね。

相場が安定している定番モデル

□スピードマスター
□シーマスター
□コンステレーション
□デビル

オメガを語るうえで欠かせないのが、スピードマスターの伝説。
アポロ11号が人類で初めて月に降り立った際に
身に付けられていた時計が、「スピードマスター」。
この時のモデルはムーンウォッチと呼ばれ、現在でもキャリバーを変えながら
スピードマスタープロフェッショナルとして生産され続けています。

そしてオメガが誇るダイバーズウォッチ、「シーマスター」。
人気映画の「007」で主人公ジェームズ・ボンドが身に着けていたことでも有名です。
1948年に誕生してから数多くのモデルを輩出してきました。
現在のモデルはプロダイバーズ・プラネットオーシャン・アクアテラの3コレクションがラインナップ。

その他、エレガントで気品あふれるデザインの「コンステレーション」や
薄型でクラシカルなデザインが特徴の「デビル」も相場が安定しているモデルです。

【 Cartier(カルティエ)】

ジュエラーならではの洗練されたデザインが魅力のブランド

フランスのパリ発祥のカルティエは、
王族や貴族、ハリウッドスター御用達のブランドです。
名門ジュエラーとして有名で世界5大ジュエラーのひとつですが、
同時に、名門腕時計ブランドとしても輝かしい栄光を刻んでいます。

カルティエの時計に人々が魅了されるのは、
スタイルに富んだデザイン力と、安定した機能性を兼ね備えているからです。
幻の時計師と呼ばれたエドモンド・ジャガーと契約を結び、
ムーブメントの精度の追及にも力を入れ、完成させた腕時計は一級品です☆
そのため男女共からの需要が高く、相場が安定している理由なのかもしれません。

相場が安定しているモデル

□すべてのモデル

カルティエの時計は、すべてのモデルが安定した買取相場と言えるでしょう。

全ての腕時計の原型とも言われている「サントス」、
洗練されたデザインがどの世代からも愛されている「タンク」、
防水性を兼ね備えた個性的なデザインが魅力の「パシャ」、
サファイアカボションが埋め込まれたリューズがアクセントの「バロンブルー」など
様々なラインが有りますが、どれも買取相場は安定していて
伸びることも下がることもないのではと思われています。

【 PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)】

時計マニアでは知らない人はいない、本物の高級腕時計ブランド

スイスの高級時計ブランドと言えば、ロレックスやオメガが有名ですよね。
パテックフィリップは、機械の性能や価格においても
さらにその上に行く高級ブランドで、世界3大時計ブランドの一つです。

世界3大時計ブランドの中でもパテックフィリップは、
すべて手作業にこだわる製法で作られ、ミニッツリピーターや
永久カレンダーなどの数々の複雑機構を開発した、抜きに出た存在です。
そのため、腕時計として使わずに、美術品としてコレクションする人もいます。

パテックフィリップの買取相場が安定している理由は、
パッテクフィリップ社のビジネス戦略が大きく影響しているかもしれません。
オークションで古い自社時計が高値で買い戻すことにより、
中古市場の価値を維持しするよう企業努力しています。

相場が安定しているモデル

□ノーチラス
□現行モデル

正規店で予約しても数年は待たないと手に入らないほど人気の「ノーチラス」。
‘海底二万マイル’という小説に登場する潜水艦の名前が由来と言われています。
デザインは時計界でカリスマのジェラルド・ジェンタが手掛けており、
1976年に誕生して以来今日まで大きなデザイン変更なく制作されている名作です。

その他、現行モデルでしたらパテックフィリップは、
比較的相場は安定していると言えるでしょう。
しかし、パテックフィリップのアンティーク時計は人気不人気があるため、
買取相場は不安定です。

【 AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)】

伝統と革新で確固たる地位を確立した、歴史あるブランド

スイス発祥の高級時計・宝飾品メーカーで、
世界3大腕時計ブランドの一つで有名です。
創業以来、130年以上にわたり一度も他社資本を受けずに
企業の純血を守ってきている珍しいブランドです。

オーデマピゲは、
「ロレックスを卒業した人が次に手にしたい時計」と言われており、
実際に経営者や政治家などから厚い支持を受けています。
歴史があるだけでなく、それまでの常識を覆して、
新たなデザインや技術革新に挑戦する姿勢が高く支持を得る要因かと…。
人気がある上、供給バランスが足りていないので
相場は比較的安定しているのではないでしょうか。

相場が安定しているモデル

□ロイヤルオーク

ファッション性が高く、できる男から支持される「ロイヤルオーク」。
今でこそ多くのブランドやメーカーが腕時計でステンレススチールを採用していますが、
この素材を初めて腕時計に取り入れたモデルがロイヤルオークでした。
ステンレススチール製の高級スポーツウォッチは、
時計界にも時計マニアにも衝撃を与えたかと思います。

デザインは、パテックフィリップのノーチラス同様、
有名なジェラルド・ジェンタがわずか一日で仕上げた、
なんて逸話もあります☆

ロイヤルオークは人気に対して供給が足りていない現状があるので、
しばらくは買取市場において相場が下がることはないと思われます。
しかし、オーデマピゲの中でも「ミレネリー」や「ジュールオーデマ」、
「トラディション」などのドレスウォッチは、ロイヤルオークに比べてしまうと、
買取相場は安定しているとは言えません。
むしろ買取価格は若干下降気味かと。。。

まとめ

買取相場が安定している時計ブランドを5つご紹介いたしましたが
いかがでしたでしょうか?

『人気がある=買取相場が安定している』という考え方は、
少し違うようですね。。。
プラスアルファとして、
“時計としてのポテンシャル”が求められるようです。

①機構面&芸術性のバランス
②ステータス&歴史のブランド力
③オーバーホールなどのアフターケア体制

この3つのポイントが、
相場が安定している時計ブランドの共通点と言えるのですね☆

☆ぜひこちらも参考に☆
高価買取に期待! 世界5大時計ブランドとは?
ロレックス?オメガ? 高価買取してもらえる高級時計をご紹介!

買取専門サイトバナー