使わなくなった時計を売る時に、箱がない!という場合、どれくらい査定額が変わるのでしょうか?保証書などその他の付属品はどうでしょう?

買い取り価格がどれくらい変わるのか、その理由などについても詳しくご説明します。

箱は査定額に数千円の差が出る!

箱や付属品はなくても売れる

保証書と比べると箱やその他の付属品(取扱説明書など)がなくても時計は売れます。

ただし、数千円から1万円ほど買い取り価格が下がる可能性があります。付属品で忘れがちなベルトのコマも、不足していると査定額に響きますので、注意しましょう。

ちなみに各ブランドごとで箱がない場合の買取金額への影響ですが、ロレックスやオメガなど実用性の高い時計は箱が無くてもそれほど影響を受けませんが、ウブロやオーデマピゲなどコレクションウォッチは鑑賞用などの需要もあるため、箱の有無で買取金額に大きく影響しますので注意が必要です。

箱が必要なのは買う人が箱を欲しがるから

中古といっても数十万円も払って高いブランド品を購入するのですから、やっぱり箱や付属品があった方が買う方は嬉しいですよね。プレゼント用に購入する場合にも、箱がないと様になりません。

また、時計をコレクションする為に購入する人にとって、箱は重要です。時計を箱から出して使うのではなく、箱ごと飾ることが多いですからね。

時計は箱がないと査定額が下がるなら、箱だけでも売れる?

ブランド品の袋や箱を買い取ってくれる業者がありますが、時計の箱や保証書、付属品はわりと高く売れるようです。もしも時計自体は将来的にも売る予定はないし箱はいらない、という場合には、数百円〜数千円ほどですが売ってしまってもいいかもしれませんね。

時計の買い取りに保証書はほぼ必須!

保障書
時計を売る場合には、保証書はあったほうがいいでしょう。保証書がないと買い取り業者によっては買い取り自体を受け付けてくれない場合もあります。

また、未使用新品の時計は当然査定額が高くなりますが、保証書がないといつ購入したか証明できず、新品なのに査定額が下がってしまう可能性もあります。1万円〜10万円単位で査定額が下がることもあるようです。

中古の時計を購入する側の立場からすると、いくらお店の鑑定士が本物だとしても保証書がないと不安になるかもしれません。売れ行きにも影響しそうですから査定額が下がるのは当然だと言えるでしょう。
時計の保証書は大切に保管した方が良さそうですね。

保証書がなければオーバーホールに出すという手もある

機械式時計は機能を維持する為に、定期的にメンテナンスが必要です。3年〜5年に1度くらいオーバーホールという分解掃除が推奨されているんですよ。オーバーホールでは分解して掃除するだけではなく、部品を交換したり、研磨したりして時計を新品同様にしてくれます。

メンテナンスが目的のオーバーホールですが、メーカーにオーバーホールしてもらえば、「オーバーホール明細書」というものが貰えます。この明細書があれば、保証書がなくても買い取り額が上がる可能性があります。

ただしオーバーホールは1万円〜10万円以上かかります。交換部品が多ければ多いほど、オーバーホールしていなかった期間が長ければ長いほど費用がかかるでしょう。そこまでして買い取り価格を上げるのに意味があるのか…オーバーホールの金額と買い取り価格を比べて検討しないといけませんね。

また、フランクミュラーなどごく一部の時計ブランドでは保証書がないとオーバーオールを受け付けてもらえないこともあるのでよく注意しましょう。

※フランクミュラーは並行輸入品や、保証書のない海外での購入品などの正規品以外の時計はサポートしてもらえません。その影響で中古のフランクミュラーは人気がなく、買い取り価格が下がってしまうこともあるようです。

高級なブランド時計を購入した場合には付属品一式、特に保証書やベルトのコマはとっておきましょう。売却を考えていなくてもメンテナンスに必要な場合もあります。
時計を売りたいのに箱がない場合には、査定額は数千円程下がりますが、あまり心配せず査定してもらってくださいね。

買取専門サイトバナー