バッグの買取価格は、ブランド品であるかどうかや経年劣化だけでなく、汚れなどメンテナンスの状態によっても変化します。
自分でちょっとしたメンテナンスをすることで買取価格が上がる可能性もありますので、詳しくチェックしてみましょう。

バッグの買取相場は手入れの状態によって変動する

バッグの買取価格は、一般的に購入後手に取った時点から下がっていきます。
当然のことですが、手アカや汗といった汚れが持ち手部分などに蓄積されるからです。

以下ではバッグの買取価格の具体的な評価基準をご紹介します。

 

バッグの状態によって異なる買取価格を手入れによって上げる!

バッグに使用感があまりにも出ていると、中古品扱いとなってしまい、かなり安い価格設定になってしまいます。

しかし、手入れをきちんとしておくことで、通常の使用感が見られる場合よりも大幅に買取価格を上げることができるかもしれません。

買取にはランク付けがありますが、その基準は下記のようになります。

新品Sランク 包装されたまま、もしくは開封されていても使用していない状態
新品同様もしくは新古品Aランク 数回の使用はあるが、使用感がほとんどない状態
中古良品Bランク 使用感はあっても綺麗にメンテナンスされていた状態
中古品Cランク 使用感・汚れ等が目立つ状態

大体このようなランク付けがされています。

手入れがされていない「中古品Cランク」の状態では、定価がどんなに高額な品物でも10万円を超える価格は少ないと考えて良いでしょう。
もしかすると1万円も超えられないかもしれません。

ブランドの種類や型式・流行などによっても価格は左右されますが、なるべく購入した金額に近づけるためには、きっちりとしたメンテナンスが必要なのです。

メンテナンスがされていれば、買取時の交渉もしやすくなるでしょう。

セルフか業者のクリーニングで買取価格を上げる方法

クリーニング店
買取価格を上げるには日頃からの手入れを意識するか、買取に出す前にクリーニングを行うようにしましょう。
もし日頃からお手入れできていない場合は、バッグのクリーニングをしましょう。
実は、バッグも服と同様、クリーニングに出すことができるのです。落とすことができる汚れであれば綺麗にしてくれます。

通常のクリーニング屋さんでも取り扱っている所もありますが、そうでない場合もあるのでよく調べてみましょう。
バッグや布・革製品などを専門に取り扱っているクリーニング屋さんもあるので、状態がひどい場合にはそちらで相談されてみると良いですね。

この一手間によって、買取価格が格段に上がる場合もあります。
お金がかかる・面倒だということもありますが、買取価格が大幅に上がる事を考えると、お手入れにも力が入るはずです。

業者のクリーニングは料金に注意!

例えば革のバッグをクリーニング屋に出した場合、3,000円〜10,000円かかるケースもあります。
クリーニングによってバッグの汚れも綺麗になり買取価格も上がる場合がありますが、一方でクリーニングの料金と買取価格にあまり差がない場合もあるかもしれません。

もしかするとクリーニング料金の方が高いなんて場合もあるかもしれませんので注意してください。

自分でもできるお手入れ方法を紹介

専門のクリーニングに依頼した場合、数千円〜数万円という料金を取られる可能性を考えると「なんとか自分で綺麗にしたい」という思いもありますよね。

しかし、セルフの場合にはやり方を間違えて反対に汚くなってしまうこともありますので、注意してください。

まずは汚れたら拭いてあげましょう。

革なら革専用のワックスを使用し、布の場合にも布バッグ専用の汚れ・シミ落としを使用。
持ち手部分が一番汚れやすいので、革であれば柔らかい布で拭いてあげて、布であればぬるま湯に浸して手垢などを浮かします。

また保存の時も保存袋や柔らかい布に包み、型崩れしないように中に詰め物と乾燥剤を入れ、湿気の少ない場所に保存しましょう。

まずはバッグをそのままの状態で査定に出してみる

まずはバッグをそのままの状態で査定に出して、査定額を知っておきましょう。
その価格から、手入れによってどれくらい買取価格が上がるのか試してみると面白いかもしれませんね。

思い入れのあるバッグだからこそ、手入れでしっかり買取価格に差をつけましょう。

買取専門サイトバナー