ブランド買取業者に多いのが安価、つまり「激安」を主張するWebサイト。

安価でブランド品を購入できるのはもちろんありがたいですし、出来る限り本物を安価で高額買取している業者は存在しますが、安易に信頼してしまうのは危ないかもしれません。

「激安」を謳う業者の中には、発送元が外国であったり、手数料無しと言っておきながら査定額を減額してくるような業者も数多く存在するのです。

1.「ダイヤモンドテスター」を使った詐欺事例

ブランド品といえば貴金属を連想する人も多いでしょう。お店には毎日金やプラチナ、ダイヤモンドなどがたくさん持ち込まれています。

その持ち込み貴金属の中で「ダイヤモンドテスター」を使った詐欺被害が多発しているようです。

これはその名の通りダイヤモンドの価値を判定するもので、その宝石が本物であれば先端のピンが緑色に光り、偽物であれば赤色など別の色に光る…といったものなのですが、多くの人はその存在を知らないと思います。

ここを突いて本物のダイヤモンドにもかかわらず「テスターが反応したから偽物ですね」などと言ってタダ同然で買い取られてしまった…なんて話もあるのだそうです。

2.「うちが一番高値です」…この言葉には要注意!

突然自宅に訪問してきて、いらなくなったブランド品はないかと訪ねてくる訪問業者。「家計の足しになるのなら」と、言われるがままに品物を出してしまう人も少なくないのではないでしょうか。実際、筆者も泣く泣く自分の大切なものを売りに出したことがあります。

そのブランド品や貴金属は今でこそ不要になっているかもしれませんが、かつては自分にとって大切だったものです。そんな時に悪質な訪問業者が決まって放つ「うちが一番高値ですから!」という決まり文句。

これに騙されて、「明らかに安い値段だけれどここ以外はもっと安いのなら…」と渋々買い取りに出してしまい、後になって「他の業者の方がもっと高値で買い取ってくれたのに!」なんて泣きを見てしまうことも…。

これは「押し買い」という悪徳詐欺商法です。ブランド品の買取を検討している方、または業者がよく家に来るという方は、この甘い言葉に騙されること無いようにしてください。しっかりと相場や他の業者の買取価格と比較してから判断しましょう!

3.相談や見積もり無しで商品を発送!? 郵送買取の詐欺事例

ブランド買取詐欺
信頼できる買取業者との取引の際、欠かせない事といえば「見積もりの相談」ですよね。悪質な業者はこの相談を一切すること無く、いきなり「郵送で商品をこちらに送ってください!」と無茶な事を言い出すことがあります。

実際にこの詐欺に遭われた方は品物を送ってから4〜5日間業者と連絡が取れず、やっと電話連絡がついたかと思えば、「どうしても買いたいので」「上司と話してもらえないか」などと中々キャンセルさせてもらえなかったそうです。

品物さえ送らせてしまえばこっちのものだ、と思っているような悪質業者にはご注意ください。

悪質業者に引っかからないためには

この他にもキャンセルで返ってきた品物が壊されていたり、強い口調に負けて安い価格で取引をしてしまったりなど、悲惨な詐欺事例がたくさんあります。

こういった詐欺に合わないようにするためには、まず「良質な業者を見極める」ことです。口コミでの評判や鑑定士の有無など、自分で調べて分かることはしっかりとチェックしておきましょう。

またサービスを利用する前に自分の持っている品物がどれくらいの価値のものなのかを把握するのもいいですね!

悪質な買い取り詐欺に関しては「改正特定商取引法」という法律で規制されています。万が一詐欺に遭ってしまった場合は、すぐに警察に相談しましょう!

買取専門サイトバナー