引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y4BDVDR

エルメスの代名詞でもあり、女性の憧れのバッグ「バーキン」。

「いつかは手に入れたいバッグ」として知られ、ブランドに詳しくない人でも、聞いたことがあるという方は多いでしょう。

今年の夏のオークションでは、バーキンの最高峰と称される「ヒマラヤ」シリーズのダイヤモンド入りバーキンが出され、2,850万円という予測をはるかに超える4,800万円という値段がつきました!

このようにバーキンは、全世界で人気があり、特に海外セレブにとっては必須アイテム。

バッグの王様、いや女王様と呼ぶに相応しい、まさにTop of Bagと言うことができます。

バーキンは買い取りの場合においても、もちろん高い査定がつきます。

その理由は3つ。

今回は3つの理由とともに、バーキンの魅力についてお伝えします。

理由1●とにかく人気が高い!

エルメスのバッグでは、ケリーバッグも知られていますが、エルメスのバッグと言えば、やはりバーキン。

バーキンが人気なのは「バーキンだから」のひと言に尽き、ファンの中には「エルメスでバーキン以外のバッグを買うなんて信じられない」と言う人もいるほど、飛び抜けて人気が高いのです。

ブランドイメージを守るために流通制限していることも、人気が高まる所以。

バーキンの新品が店頭に並んでいることは、ほぼありません。

特に日本では「見かけたらラッキー!」くらいに珍しいことです。

バーキンは大半が予約であり、その予約すら2年待ちということももはや常識。

そして、もし運良く海外などで見かけたとしても、流通制限により、一人が年に2個以上買うことはできません。

とにかく希少価値が高い。だからこそ需要が高まる。これが人気の理由その1です。

理由2●すべての工程を職人が手作業で行う

先程の理由ともリンクしますが、バーキンは、職人がひとつひとつ手作りしていることが大きな特色です。

ゆえに、大量生産することができません。

また「手作り」と言っても、単に「職人が裁断し、縫う」というだけに留まらず、すべての工程に時間をかける徹底ぶり。

その第一歩は、市場に行き最高級の素材を買い付けるところからスタート。

そして、皮膚としての「皮」から、製品としての「革」へ作り変えるために、「なめし」と言われる作業の時間をたっぷりと取ります。

なめしに費やす期間は半年以上と言われており、その後ようやく製作段階へと移るのです。

裁断や縫製なども、もちろんすべて手作業で、エルメスが認めた職人しか、携わることができません。

職人の人数や工程についての詳細は明かされていませんが、手間も時間もかかっているのは確かな事実。

だからこそ、2年待ちが当たり前になってくるのです。

こうして職人により作られたバーキンは、最後にその年の刻印を捺して完成し、お客様のもとに届けられます。

バーキンは、そのものの素晴らしさもそうですが、アフターケアがしっかりしているので、かなり長持ちします。

10年選手、20年選手は当たり前。中古でも状態がいいのが特徴です。

バーキンが「一生もの」と言われるのには、こんな理由もあります。

余談ですが、前述の刻印、ものによっては「こんなところに?」と思う場所に付いていることがあります。

「自分が作った」という、職人のアピールなのかもしれませんね。

理由3●50種類の素材&200種類のカラーバリエーションを誇る

バーキンの素材や色のバリエーションは、驚くほどたくさんあります。

まず、素材の種類は50種類以上

エルメスの主流である牛革だけでも、その手触りにより、型押し、スムーズなど約30種類(廃盤を含む)ものラインナップを誇ります。

そのほか山羊、バッファロー、クロコダイル、トカゲ、エルメスの「H」のロゴをかたどったコットン……と、幅広い素材を用意しています。

高価買取になるのは、やはりクロコダイル。

前述の「ヒマラヤ」は、ナイル川流域で厳選したクロコダイルの中でも、わずかしか取れない上質な革を使用。

中古でも1,000万円をくだることはなく、世界最高峰の山の名前を冠しているだけのことはあります。

ちなみにすべての素材は、マット仕上げの場合、値段が高くなります。

また、カラーバリエーションはなんと200種類以上、人気は黒とエトゥープです。

エトゥープはグレーがかったブラウンで、エレガントかつカジュアルな色として、人気を誇ります。

次に人気なのが、ピンク系、イエロー系です。

逆に人気が少ないのはブルー系。

カラーによっては査定価格で、10万円単位で差が出ることもあります。

サイズは一番使いやすいと言われている、25センチのものが人気です。

一般的に、バーキンの買取価格は新品で120万円くらいから。

大切に使われている場合が多いため、中古でも30万円を切ることは、ほとんどありません。

前述のように、刻印で年代がわかるので、新しければ新しいほど買い取り価格が高いことは、言うまでもありません。

余談ですが、バーキンは約10000通りの組み合わせがあるので、自分だけのオーダーメイドを作ることもできます。

例えばダイヤモンドを入れたり、イニシャルを入れたり、持ち手と本体の素材や色を変えることも可能。

ただし!

オーダー品を買取する場合は、通常の7割程度と、査定が低くなります。

オーソドックスな形と色だったとしても、刻印が年代ではなく「☆」マークになるため、査定時にわかってしまいます。

もしオーダー品を売る場合には、ご注意ください。

*************************

バーキンの素晴らしさ、魅力をお伝えしてきましたが、新品で買取査定をした場合、定価を上回るものは、「バーキン以外はない」と言っても過言ではありません。

職人がひとつひとつ、じっくり手作業で仕上げたバーキンは、希少価値も高い、まさにTop・of・Bag。

昔に比べて、人気は少し落ち着いていますが、バーキンに憧れる女性が、世の中からいなくなることはないでしょう。

売るときも、買う時も、以上の3つのポイントを押さえながら、賢くバーキンを売り買いしましょう!

買取専門サイトバナー